ニュース
» 2019年10月17日 15時53分 公開

美少女ゲームレーベル「feng」運営会社が破産 「あかね色に染まる坂」など制作

近年は厳しい経営が続いていたとのことです。

[ねとらぼ]

 東京商工リサーチによると、美少女ゲームレーベル「feng」(フォン)を運営していたホワイトローズ(千葉県市川市)が9月30日、千葉地裁から破産開始決定を受けました。負債総額は6088万円とのことです。

フォト fengの公式サイトページ。2月発売の「夢と色でできている」が最後の作品になった

 同人サークルを前身として2003年に設立。2007年発売の「あかね色に染まる坂」はアニメ化もされ、同年には約1億6000万円の売上高をあげていたとのことです。

 2010年の「星空へ架かる橋」もアニメ化されましたが、需要の低迷などにより売り上げは低調に推移し、近年は厳しい経営が続いていたとのことです。

 2019年2月には新作「夢と色でできている」を発売していますが、業況の改善が見込めず、5月末で事業を停止していました。

フォト 「あかね色に染まる坂」はアニメ化もされた(TOKYO MXの作品紹介ページ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.