ニュース
» 2019年10月18日 07時30分 公開

“はじめてのおつかい”で女の子の背後に怪しい影…… ある少女の成長描くほのぼの漫画に「パパの気持ちよく分かる」

親目線だと“あるある”ネタでもある。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 小さな女の子の、初めてのお使いを描く漫画が、ハラハラさせられつつも和まされます。本当に1人で大丈夫かな?


アイキャッチ だ……大丈夫かな……?

 自分はしっかり者だから大丈夫と、元気に買い物へ出発するあきちゃん。お母さんに何度「卵と牛乳」と頼まれても注文を覚えられず、「なめことキャベツ」「なまことしょうゆ」などと言っているあたりは気がかりですが、とにかく元気です。


1P

 鼻歌交じりに楽しく歩くあきちゃんですが、「ザッザッ」と何やら不穏な足音を聞いて怯えることに。さらに怪しい気配が背後から近づいてきて不安になり、心の中で「ママ……パパ……!」と叫びを上げます。大変だーっ!


2P

3P

 「どうしようママ……」と心の声はなおも続きます。ところが最後のページで「パパが……ばれてないと思ってめっちゃ近づいてくる……!」と、読者をずっこけさせるような結びに。不審者の正体がパパだったのはいいものの、変装して尾行しているうえにビデオまで撮っていて、あきちゃんは心底やりづらそうです。


4P

 それでも「パパとママがいないとさみしいなぁ〜」などと、わざと独り言を漏らしてパパに気を遣うあきちゃん。ついさっき卵となめこを間違えていたと思うと、急に大人っぽくなったような気もしますが、子どもはちょっとしたきっかけで急成長するものですしね。想像していたのとは成長の方向性がだいぶ違ったけれど。

 「“はじめてのおつかい”が“はじめてのきづかい”になってしまった」「パパの気持ちよく分かる」と好評を博した同作を描いたのは、なにがなんでもハッピーエンドを迎える話が得意な漫画家の立葵(@hiyokobeya)さん。そんな話を多数収めた単行本『幸せな恋、集めました。』が小学館から出ています。


作品提供:立葵(@hiyokobeya)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.