ニュース
» 2019年10月18日 12時15分 公開

「カレーは悪くない」 いじめに使われた「カレー」給食が中止→インドカレー屋から悲しみの声 (1/2)

児童への影響を考慮した慎重な対応ですが……。

[ITmedia]

 教員間のいじめが問題となった神戸市立東須磨小学校が、2度目の保護者説明会を開催。いじめに使われた「カレー」を給食から一時中止するとの報道を受け、ネット上ではこの対応を疑問視する声が多発。全国のインドカレー屋も「カレーに罪はありません」と悲しみにも似たツイートを投稿しています。


カレーに罪はない カレーに罪はない


 約1年間にわたり、先輩教師4人から後輩教師に対するいじめが行われていた神戸市立東須磨小学校。10月16日には2度目となる保護者説明会が開かれたものの、加害教師らは「療養中」として姿を見せず、また加害教師への対応も依然として未定のままです。

 そうした中で学校側は「給食のカレー」を一時中止すると発表。加害教師らは後輩教師に激辛カレーを無理やり食べさせ、その様子を動画に撮影するいじめを行っており、児童への影響を考慮した結果としています。

 「教師が行ったいじめを児童がまねする」「繊細な児童がショックを受ける」といった恐れに配慮した慎重な対応と理解できるものの、加害者への処罰に先んじて発表されたことで、いじめの罪をカレーがかぶったような印象に。

 全国のインドカレー屋は「カレーは悪くないです」など一斉に気持ちを表明。かつてカレー給食を楽しみにしていた大人たちも、給食のカレーを守ろうと声を上げています。


カレーに罪はない

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.