ニュース
» 2019年10月18日 15時33分 公開

虚構新聞社主、あわや“おやつ抜きの刑” 「東京五輪の札幌開催」記事を構想していた

こと東京五輪に関しては、現実もなかなかカオスなもんだから……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 虚構ニュースサイト「虚構新聞」の社主UK氏が、うっかり事実を報じかけた出来事についてTwitterで打ち明けました。2018年に「東京五輪が札幌で開催」といった内容の記事を構想していたというのです。あーっ……!


メルマガ 危ないところだった……(傍線は筆者が追記)

 UK氏は当時配信したメルマガ記事の一部をツイートに掲載。そこでは、猛暑が懸念される東京五輪をサイトでフィーチャーするにあたり、「札幌を東京に改名して、札幌で東京五輪・パラリンピックを開催」「2020年のみ10月と8月を入れ替え」「東京23区をドームにして、内部をエアコンで温度調整」の3案を考えていたとの裏話が語られています。

 最終的に採用されたのは3番目の案で、「東京23区、全面ドーム化へ エアコン完備「全天候型都市」目指す」として記事化されました。そして約1年3カ月が経った現在、現実にIOCがマラソン・競歩の札幌での実施を検討(関連記事)。もしも1番目を採用していたとすれば、およそ事実を報じていたこととなり、UK氏は通例に従って「おやつ抜きの刑」に処せられていた可能性が多分にあります(関連記事)。

 UK氏は「書かなくてよかった」と安堵。リプライには「地下牢でおやつ抜きをまぬがれましたね」「虚構新聞さん、最近大変そうですね。お察しします」など、気遣う声が寄せられています。


五輪 こっちにしといてよかったですね……

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響