ニュース
» 2019年10月18日 15時33分 公開

虚構新聞社主、あわや“おやつ抜きの刑” 「東京五輪の札幌開催」記事を構想していた

こと東京五輪に関しては、現実もなかなかカオスなもんだから……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 虚構ニュースサイト「虚構新聞」の社主UK氏が、うっかり事実を報じかけた出来事についてTwitterで打ち明けました。2018年に「東京五輪が札幌で開催」といった内容の記事を構想していたというのです。あーっ……!


メルマガ 危ないところだった……(傍線は筆者が追記)

 UK氏は当時配信したメルマガ記事の一部をツイートに掲載。そこでは、猛暑が懸念される東京五輪をサイトでフィーチャーするにあたり、「札幌を東京に改名して、札幌で東京五輪・パラリンピックを開催」「2020年のみ10月と8月を入れ替え」「東京23区をドームにして、内部をエアコンで温度調整」の3案を考えていたとの裏話が語られています。

 最終的に採用されたのは3番目の案で、「東京23区、全面ドーム化へ エアコン完備「全天候型都市」目指す」として記事化されました。そして約1年3カ月が経った現在、現実にIOCがマラソン・競歩の札幌での実施を検討(関連記事)。もしも1番目を採用していたとすれば、およそ事実を報じていたこととなり、UK氏は通例に従って「おやつ抜きの刑」に処せられていた可能性が多分にあります(関連記事)。

 UK氏は「書かなくてよかった」と安堵。リプライには「地下牢でおやつ抜きをまぬがれましたね」「虚構新聞さん、最近大変そうですね。お察しします」など、気遣う声が寄せられています。


五輪 こっちにしといてよかったですね……

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.