ニュース
» 2019年10月18日 19時35分 公開

ゲームボーイ&アドバンス互換機「Analogue Pocket」発表 ゲームギアやネオポケに対応するオプションも

HDMIでディスプレイに出力できるドックも発売予定。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ゲームボーイ(カラー含む)およびゲームボーイアドバンスとの互換性を備えた携帯ゲーム機、「Analogue Pocket」が海外で発表されました。価格は199ドル(約2万1600円)で、2020年発売予定。別売のアダプター(詳細未公表)を使えば、ゲームギアやネオジオポケットカラー、Atari Lynxにも対応する万能機です。


Analogue Pocket

Analogue Pocket 白と黒の2色で展開

Analogue Pocket アダプターの併用で6種のプラットフォームに対応

 これまでファミコンやメガドライブなどの互換機を手掛けてきたアメリカのメーカー、Analogueの製品。搭載された3.5インチ液晶ディスプレイは色の再現性や輝度に優れる、過去の携帯ゲーム機に例のないクラスとのことで、解像度もゲームボーイの10倍に相当する1600×1440(615ppi)となっています。

 ほかには、充電式リチウムイオン電池とステレオスピーカー、ヘッドフォンジャック、microSDスロット、通信ケーブル用のコネクターを搭載。操作ボタンは全てカスタマイズ可能とのことです。

 各ゲーム機への互換はソフトウェアエミュレーションでなく、ハードウェアレベルで実現。ROMファイルには非対応で、当然ながらプレイには実機用のカートリッジが必要となりますが、本体だけでも内蔵ソフトの「Nanoloop」で音楽制作を楽しめます。


 さらに、HDMIで外部ディスプレイに出力できるドックも発売予定。こちらはUSBかBluetoothでコントローラーと接続できるほか、USB DACにも対応するとのことです。


Analogue Pocket ドックの詳細についてはTBA(後日発表)とされています

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.