ニュース
» 2019年10月19日 09時00分 公開

ハザードランプをチカチカしてお礼 「サンキューハザード」がうれしい漫画に読者もほっこり

ドライバー同士の気遣いで快適なドライブを。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 車に道を譲った時にくれる「サンキューハザード」のうれしさを描いた漫画に、ドライバー同士の心配りの大切さを実感すると共にほっこりします。作者はTwitterにイラストや写真を投稿している隼のぶを(@NBWHYBS)さん。

NBWHYBS マナー 自動車 もらうとうれしくなっちゃう「サンキューハザード」

 普段からホンダのスーパーカブに乗っている隼さん。サイドミラー越しに大型トラックが走ってくるのが見えました。すかさずウィンカーを点滅させて車線の左へ寄り、トラックに道を譲ります。

NBWHYBS マナー 自動車

 大型トラックは横を通り抜けて行き、道を譲ってくれた隼さんにハザードランプを数回点滅させて「サンキューハザード」をしてくれました。ただ無言で通り抜けて行くのではなく、「サンキューハザード」でお礼を示してくれて、なんだかうれしい気持ちになった隼さんなのでした。

NBWHYBS マナー 自動車

 「サンキューハザード」はもともと長距離トラックで広まり、現在は一般車でも使うことが増えてきた挨拶のようなものです。特に法律で決められたものではなく、あくまで慣例となってきた行為です。

 「サンキューハザード」をしないといけないというわけではありませんが、運転手同士の意思疎通が難しいシチュエーションでは「サンキューハザード」をもらうとうれしく思えます。

 漫画には「ありがとハザード嬉しい」「普通車からもらった時は嬉しかった」「サンキューハザードやるとちょっと下手な運転でも許そうって気持ちになれる」など、賛同のリプライが寄せられています。

 あおり運転を始めとする危険な運転行為が取り沙汰されることが多い昨今ですが、譲り合いや気遣いのできる運転を心掛けたいですね。

画像提供:隼のぶを(@NBWHYBS)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」