ニュース
» 2019年10月20日 16時35分 公開

「パクリ商品でーすっ」 人気電子楽器「オタマトーン」の模倣品がAmazonで販売→明和電機社長自ら「ばっちりコピーできてます」とのレビュー投稿

明和電機の社長を取材しました。

[Kikka,ねとらぼ]

 音符型の人気電子楽器「オタマトーン」を模倣した商品がAmazon.co.jpで販売されていることを、開発元である明和電機の社長が注意喚起。パクリ商品に対してユーモアあふれるレビューを書くというユニークな手法が注目を集めています。


オタマトーン 正規品のオタマトーンメロディ(販売ページより)

オタマトーン 模倣品(販売ページより)

 「オタマトーン」は、中小電機メーカーをイメージした芸術ユニット「明和電機」とキューブが共同開発した電子楽器。音符の形をした愛らしい形状に加えて簡単に音を出せるとあり、年代を問わずに人気を集めています。


オタマトーン 正規品のオタマトーンメロディ(販売ページより)

 そんな「オタマトーン」ですが、人気が出るにつれて模造品も登場しています。明和電機の社長こと、土佐信道さんは10月18日にTwitterで「アマゾンにオタマトーンメロディのパクり商品が売ってまし(た)ので、社長自らレビューを書いちゃいました!みんなの投稿、お待ちしてます!」とユニークな注意喚起を行いました。


オタマトーン Amazon.co.jpで販売されている模造品(販売ページより)

 土佐社長が注意喚起しているのは、オタマトーンシリーズの1つ「オタマトーンメロディ」の模造品で、「hamulekfae」というメーカーが販売している「hamulekfae-かわいいオタマトーンメロディー音符形子子供趣味練習子楽器玩具」という商品。


オタマトーン 模倣品の「hamulekfae-かわいいオタマトーンメロディー音符形子子供趣味練習子楽器玩具」(販売ページより)

 Amazon.co.jpではグリーン・オレンジ・ブルー・レッドの4種類を販売しており、正規品が定価1760円なのに対して、585円と非常に安価なのが特徴です。これについて土佐社長は「こんなオモチャはみたことない」と題する次のようなレビューを投稿しています。

こんなオモチャはみたことない

みなさん はじめまして〜明和電機で〜す!はい、今回みつけちゃいましたっ「オタマトーンメロディ」、パクリ商品でーすっ(きゃはっ)僕もねー、昨年、中国のTAOBAOで売ってるのを発見したんです。でもねー、調査しても誰が売ってるのかよくわかんなかったの しょぼん。そしたら、今回はAmazon さんで発売してる!すごーい!やるう!

本家の明和電機が言うのもなんですが、ほんとよくできてますよ、これ。成型がちょっと甘いけど、ばっちりコピーできてます。もー、二重丸あげちゃう!

それではパクリ商品を記念して、みなさまの今後のレビューに「お題」を出しますね。よかったら、ぜひ、投稿してみてくださいね!

(カスタマーQ&Aの下の「質問 偽物ですよね」をクリックしてみてください)

お待ちしてます!

お題

「パとクとリを頭にいれて俳句を作ってください」

パンもある

クルミもあるよ

リスの家



オタマトーン 社長から模倣品へのレビュー(販売ページより)

 パクリ商品のクオリティーを若干褒めるというまさかの内容がつづられている本レビュー。ねとらぼ編集部は土佐社長にお話を伺ったところ、「こうしたコピー商品の問題に対し、今後も明和電機は、『社訓 やったもんがち とったもんがち』の精神にのっとり、おもしろおかしく対応していこうと思います。どうぞよろしくお願いします」とのコメントが寄せられました。器がデカすぎる。

 この対応にTwitter上では「やっぱり明和電気が好きだ!!」「すごーい!社長、やるう!」と対応を絶賛する声が上がっているほか、1万2000件以上の“いいね”が寄せられています。またAmazon.co.jpでは土佐社長が「パとクとリを頭に入れた俳句を作って」と呼びかけていることから、「パッと見て ク〜と鳴らせば 理解する(本物との違いを)」「ぱっと見で くすんだ色も リスペクト?」たくさんの5・7・5が集まっています。


オタマトーン 模倣品に寄せられている5・7・5俳句集(販売ページより)

 なお、土佐社長はオタマトーンをAmazon.co.jpによる偽造品対策「Project Zero」に登録したことも明かしています。

 また、明和電機では以前にも「魚コードUSBケーブル」がデンマークに本社がある「フライングタイガー」に無断でコピーされて販売されるというトラブルがありましたが、顛末が「明和電機ジャーナル」のPDFにまとめられています。コピー問題に興味のある人は読んでみるとよさそうです。

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/20/news078.jpg ざわちん、“6時間”かけた『鬼滅の刃』炭治郎&禰豆子コス披露 悪戦苦闘したメイクには「おでこだけ似とる……」
  2. /nl/articles/2010/19/news112.jpg 「クオリティがひどい」「傷が入っている」 指摘相次いでいた「名探偵コナン」スノードーム、販売元が返金対応を決定
  3. /nl/articles/2010/20/news079.jpg 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  4. /nl/articles/2010/19/news147.jpg ハイジとは……(困惑) 牧歌的要素ゼロの映画「マッド・ハイジ」、ティーザー映像から漂うトガりっぷりが狂気のレベル
  5. /nl/articles/2003/06/news126.jpg 「めちゃくちゃ再現度高い」「やばすぎる…まんまじゃん…」 叶美香、『鬼滅の刃』甘露寺蜜璃コスが“本物”でしかない
  6. /nl/articles/2010/19/news073.jpg 「コマンドプロンプトは黒い画面に文字がたくさん出て怖い」→「チャット風」にしてみた LINEみたいで「分かりやすい」と話題に
  7. /nl/articles/2010/19/news031.jpg 「拾った猫が10日ほどで別猫に……」 愛情をたっぷり受けた保護猫のビフォーアフターに驚き
  8. /nl/articles/2010/20/news089.jpg やっぱりビジュアルすごいな! 「きかんしゃトーマス」劇場版最新作、0系新幹線“最速のケンジ”登場にネット再び動揺
  9. /nl/articles/2003/29/news014.jpg 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  10. /nl/articles/2010/19/news133.jpg ナスカの地上絵で“古代ネコ”発見 衝撃ニュースにネット騒然