ニュース
» 2019年10月21日 12時15分 公開

知床、弘前、出雲など17地域を追加 国交省「ご当地ナンバープレート」全58地域へ 観光名所や特産品をモチーフにデザイン

桜と城を描いた弘前、ヤマタノオロチをイメージした出雲など。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 国土交通省は2019年10月18日、地域の風景や観光資源をデザインした「ご当地ナンバープレート」に、新たに17地域を追加すると発表しました。2020年5月ごろより交付を開始します。

ナンバープレート 新たに追加される17地域のデザイン一覧

 同省は現在41地域でご当地ナンバープレートを交付しており、今回新たに追加される17地域を加えて全58地域に増加。新デザインのナンバープレートが追加されるのは、北海道、東北、関東、北陸信越、中部、近畿、中国、四国エリアから選ばれた地域です。

ナンバープレート 北海道、東北、関東エリア

ナンバープレート 関東、北陸信越エリア

ナンバープレート 中部、近畿、中国、四国エリア

 ナンバープレートには「知床の雄大な自然」「市川の梨と街と江戸川」「上杉謙信と桜」など、地域の特徴がカラフルなイラストで描かれています。

ナンバープレート 新ナンバープレートの導入市町村

 追加されるナンバープレートはフルカラーと単色の2パターンが用意されます。フルカラーのナンバープレートを取得するには、別途寄付金(1000円以上)が必要で、寄付金はナンバープレート導入地域における交通改善、観光振興などの取り組みに使用されます。

ナンバープレート ナンバープレートは2パターン

(カナブンさん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.