ニュース
» 2019年10月22日 20時00分 公開

【漫画】「もしも僕がヒットマンだったら」 いじめられている女の子を助けられない男の子と、実はヒットマンな女の子の話

ヒーローになるためにすごい能力は要らない。

[植木 鉢,ねとらぼ]

 クラスでいじめられている女の子と、それをこっそり助けていた男の子を描いた漫画が、暗い始まりから甘酸っぱい恋への急展開でニンマリしてしまうストーリーです。描いたのはTwitterユーザーのうなぎ(UNAGI_manga)さん。恋愛要素だけでなく、真のヒーローとは何なのかを考えさせてくれる作品にもなっています。


もしも僕が タイトル『もしも僕が』

 橘さんはクラス内でいじめられている女の子。机に罵詈雑言を書かれたり、上履きを捨てられたりとひどい仕打ちを受けています。その仕打ちにこっそりと対抗しているのが同じクラスの相田くん。彼は机の落書きを消したり、ゴミ箱から上履きを探し出すなど彼女を救うために行動します。


もしも僕が

 相田くんは橘さんに好意を持っていますが伝えることができません。もしも自分がヒットマンなら悪いやつから守れるヒーローになれるのに、英語がペラペラに話せたら世界中に連れて行って思い出をたくさん作られるのに……と自分は何も能力を持っていないので彼女のヒーローになれないと思う自信のなさが告白に踏み出せない要因となっていました。


もしも僕が

 クラス内ではいじめを受ける橘さんですが、実は裏の顔を持っています。それは優秀なヒットマンで英語を使い国際的な仕事を依頼されているということ。彼が持っていればと願う能力をすべて兼ね備えていました。


もしも僕が

 橘さんはヒットマンの仕事を終えて帰る道すがら、相田くんを見かけます。捨てられた上履きを見つけてくれた彼に彼女も少し好意を抱いているのか、学校や仕事中は見せない笑顔を出していました。


もしも僕が

 続く2話では、橘さんの視点で物語が進みます。ヒットマンとして仕事をする姿は凛々しく、情報を的確に伝えてこない依頼者を叱責するほど。ですが学内では身分を隠すため自分の情報を人に与えないように大人しく振る舞った結果、いじめられる対象になってしまいました。

もしも僕が

 ある日、教室で自分の机の落書きを消す相田くんと鉢合わせました。机の落書きを誰かが消していることは知っていましたが、彼が消していたことは知らなかった様子。消していることを伝えてほしかったのに何も言っていなかった彼に対して自分の気持ちを伝えるように問いかけました。


もしも僕が

 相田くんは自分が消していることを知ると迷惑をかけるかもしれない、もし知られたら拒否されるかもしれないという恐怖から伝えられなかったのだと今まで隠していた理由を吐き出します。


もしも僕が

 情報の共有を重視する橘さんは彼が自分を守ろうとする本当の気持ちを伝えてほしい、それに対して拒否はしないという普段は言わない自分の気持ちを彼に伝えました。その結果、大胆にも手を握りながら思いを伝えてくれた相田くんにドキドキして自分の口から的確に情報が伝えられない橘さんなのでした。


もしも僕が

 特殊な能力を持っていなくても優しい心があれば誰でもヒーローになれることを伝えてくれる内容にTwitterでは「朝の早い時間に来て女の子を守ろうとする行動が優しさと思いやりに溢れて素敵」「お互いが欲しいと思っている力を相手が持っている意外性が面白い」といったコメントが寄せられていました。

画像提供:うなぎ(UNAGI_manga)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」