レビュー
» 2019年10月21日 20時45分 公開

松坂桃李の所帯じみっぷり、松岡茉優の所在なさっぷり演技が随一 映画「蜜蜂と遠雷」を漫画でレビュー

映像表現もすごい。

[直江あき,ねとらぼ]

 10月4日に公開された映画「蜜蜂と遠雷」。恩田陸の国際ピアノコンクールを舞台にした青春小説の実写化です。

 “クラシック音楽”と聞いて取っつきにくいイメージを持ったのですが……そんなことはなかった! 若手ピアニストのコンクールという設定で、今をときめく若い俳優たちのフレッシュな演技を見ることができます。魅力的なキャラクターが群像劇の中で描かれていました。

蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷

 筆者は原作小説を履修済み(読んでなくても大丈夫です)。映画は、原作小説から友情や恋といった青春要素をあえてバサッと切り落とす構成(筆者は原作に登場する奏ちゃんというキャラが好きだったのですが、彼女の存在はまるっとなくなっていました。でも十分素晴らしかったです)。音楽的な要素にフィーチャーすることで、ピアノへの愛、音楽への愛、「音楽は身の回りにあり生活そのものである」というテーマが余すところなく伝わってきました。

「生活者」松坂桃李の存在感

 原作よりも存在感が増していたのが、松坂桃李演じる高島明石です。彼の演技がとにかく凄かった! 結婚して子どももいる明石は、働いて家族と暮らす日々の中でピアノを練習する時間を確保しなければなりません。地に足のついた暮らしを送っているからこそできる演奏を「生活者の音楽」と名付け、コンクールに挑んでいます。天才ではない彼は、観客が最も感情移入しやすいキャラクターかもしれません。

 28歳という設定ですが、憔悴して松岡茉優にボヤいてる姿はもはや30代後半にすら見えました。生活……ほんと疲れるよね……わかる……(生活者の実感)。

蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷

 コンクールから遠ざかっていた元天才少女・栄伝亜夜を演じるのが松岡茉優です。彼女の所在なげな演技も随一です。「万引き家族」に続き、控えめなのに存在感を放つ演技から目が離せません。迷いを抱えながら過ごす亜夜は、顔は笑っていても、目がどこにも向いてません。そんな彼女の視点のシーンは背景もぼやけた演出になっており、彼女の心情を反映しています。

 つかみどころのない天才少年・風間塵を演じるのは鈴鹿央士です。彼は、広瀬すずがスカウトしたことで話題の新人俳優。本作で演じる役柄も、突然現れた「期待の新星」であり、現実の彼とリンクしていて、ワクワクします。

 亜夜と塵の2人が月夜の下でピアノを弾く場面が非常に美しく、心が通じ合っている様子に心打たれます。このシーンを観るためだけに映画館に行く価値があるほどです。

 日系ペルー人の母とフランス人の父を持つマサル・カルロス・レヴィ・アナトールは、バランス感覚の良いハイブリッドな天才。そんな彼を演じるのが、スティーヴン・スピルバーグ監督の「レディ・プレイヤー1」にも出演し、世界的に名の知れた俳優・森崎ウィンです。カリスマのオーラが出ていた! 一方で繊細な一面も丁寧に演じ切っていました。

映像表現がすごい!

 本作はとにかく映像が抜群に素晴らしく、まさに超絶技巧。監督と撮影監督が共にポーランド国立映画大学で学んでいたこともあってか、いわゆるいつもの邦画とは一味違った雰囲気を味わえます。冒頭から、溢れ出す水滴や馬が走る映像に度肝を抜かれます。亜矢をはじめとする登場人物の心理描写も、気持ちが不安定になると画面が揺れるなど、映像で表現されているのです。

蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷
蜜蜂と遠雷

 演奏シーンにはプロのピアニストが起用されていますが、天才少年は20歳のフレッシュな若手が演じるなど、作品の役柄に合わせた配役でした。ピアニストのプロフィールをしっかり知った上で、また見たくなりました。

 小説でしか表現できない映像化不可能な作品とも言われていましたが、本作は映画でしか実現できない表現に挑戦し、しかも見事に成功させています。登場人物たちの音楽へのひたむきな姿勢に触れ、私も自分の大切なものにもっと真摯に接しようと思うことができました。創作意欲の湧いてくる、前向きですてきな作品です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」