「僕も1つのアトラクション」 ハイテンションアナウンスで人気の舞浜駅周辺リゾートバス運転士「亮ちゃん」が語るサービスの流儀(1/3 ページ)

【動画】亮ちゃんが運転するリゾートバスに体験乗車してきました。

» 2019年11月02日 17時00分 公開
[Kikkaねとらぼ]

 「右手をご覧ください。かの有名な写真スポット『自転車に乗る男性』です!」――舞浜駅から周辺のホテル、そして大型テーマパークへと乗客を運ぶリゾートバス運転士、中川亮さんを取材。超ハイテンションなオリジナルアナウンスで人気を集める“亮ちゃん”にサービスの流儀を聞きました。


舞浜 バス 運転士 大新東所属の中川亮運転サービス士。「亮ちゃん」の愛称で親しまれている

SNSで度々話題になるバス運転士“亮ちゃん”とは

 舞浜駅周辺にある“夢の国”で楽しんだあと、ホテルへの移動に「リゾートバス」を利用したことがあるという人は結構多いのではないでしょうか。そんなリゾートバスの中でもひときわ異彩を放つのが“亮ちゃん”の愛称で親しまれるシダックスグループ・大新東の中川亮運転サービス士です。


舞浜 バス 運転士

 出発から到着まで終始小ネタを盛り込んだオリジナルアナウンスで乗客を楽しませる姿はリゾートホテルのレビューに「帰りのホテルまで向かうバスで元気をもらいました めっちゃ面白かったです」とコメントがつくほど。InstagramやTwitterでもたびたびユニークなトークを展開する姿が投稿されているほか、「また会いたい」「クレイジーでファンキーで急降下急上昇なドライブ」といったコメントが寄せられています。

 果たして亮ちゃんの運転するリゾートバスはどんな乗り心地なのか、ねとらぼ編集部は舞浜駅へと向かいました。

「お楽しみいただけたでしょうか、今のが『段差』というアトラクションです」

 通常はリゾートホテルを利用するお客さんしか乗車できないというリゾートバスですが、今回はリゾートバスの運行を受託する大新東の粋な計らいで特別に体験乗車することができました。

舞浜のリゾートバス運転士「亮ちゃん」のハイテンションアナウンスを取材

 舞浜駅に到着したバスからは、スーツケースにお土産などを持った乗客たちが次々に降車してきます。そんな乗客の荷物を持ちながら、「は〜い! 足元お気を付けくださ〜い」と笑顔を絶やさないのが亮ちゃんです。まず驚かされたのがお客さんに合わせた臨機応変な対応で、黒いスーツケースを持ったお客さんには「は〜い! ○○お帰りですよ〜」と笑顔を向け、青く小さいスーツケースを持ったお客さんには「××お帰りですね!」と人気SFキャラクターの名前を出しながら笑いかけるなど、瞬時に状況を把握して荷物とお客さんを安全にバスから降ろしていました。

 そしていよいよ私たちもバスに乗り込みます。「ようこそ、お待たせいたしました。そろそろバスが愉快に容赦なく動きます。しっかりとおつかまりくださ〜い!」と話しながら亮ちゃんが運転席に座ると、「さぁ準備のできたやつはヒレを上げて『うぉ〜』って言ってくれ。(乗客の反応を見て)ありがとうございます。今日イチの静けさです! さぁそれではバスが動きま〜す。動いちゃいました! もう私からは逃げられませ〜ん」と序盤から人気アトラクションをイメージしたトークで車内を温めます。

 その後も大きく右に曲がる際には「右に曲がりまーす。揺れまーす。揺れてまぁまぁまぁまぁまぁうす! とってもネズミカル! ご安心ください、じきに慣れまーす」と大きく抑揚をつけて笑いを誘ったほか、バスはときどき揺れる可能性があるとして「お手回り品や貴重品、はちみつやどんぐり、しっかりとお持ちください! 今の季節はかぼちゃ、しっかりとお持ちくださいね!」と夢の国のキャラクターや季節にちなんだオリジナルの注意喚起を行っていきます。実際に段差でガタガタッと車内が揺れる際には「段差です! しっかりとおつかまりください。(ガタガタガタガタ)お楽しみいただけたでしょうか、今のが『段差』というアトラクションです!」とにっこり。乗客たちは次第に亮ちゃんワールドに引き込まれていきます。

 さらに終盤では「皆さまカメラのご準備お願いします。シャッターチャンス逃さないでくださいね! カメラのご準備はよろしいですか? 誰もカメラのご準備されてないですけど大丈夫ですか? それでは右手をご覧ください。かの有名な写真スポット、『自転車に乗った男性です』遠慮なくお写真お撮りください。もれなくブレま〜す!」とまさかの展開で沸かせたほか、目的地への到着直前には「まもなく到着です。お忘れ物のないようご注意ください。貴重品だけは置いていってください……サイテー!」と最後のオチもバッチリ。約6分の旅を笑顔で終えました。

「僕自身もアトラクションであるという意識がすごくあります」

 乗客をわくわくさせるサービストークはいかにして生まれたのか、ねとらぼ編集部では中川運転士に取材を申し込みました。


舞浜 バス 運転士

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1608/02/news135.jpg 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  2. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  3. /nl/articles/2402/28/news025.jpg 1歳兄、年子の弟を受け入れられず泣いて嫌がり…… 日々少しずつ近づく距離に「こうやってお兄ちゃんになっていくんですね」
  4. /nl/articles/2402/28/news018.jpg 勉強を見張りにきた鳥さん、ツッコミ殺到の“5分後の姿”が114万表示! 「頑張りすぎて脳が」「首埋まるの最高」
  5. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  6. /nl/articles/2402/27/news196.jpg 「これはダメだろ」「ただの危険行為」 街中で奇声上げ走るランナー集団が物議…… サポート役のミズノが謝罪
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2402/28/news022.jpg 赤ちゃん返りした2歳長男、保育園の先生の言葉にママが号泣…… 大切なことに気付いた出来事に「いろんな部分で共感の嵐です」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2402/28/news086.jpg 「FINISH」のはずが「FUNISH」に…… 東京マラソンTシャツに「まさかの表記ミス」、アシックス謝罪「深くお詫び」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」