ニュース
» 2019年11月02日 17時00分 公開

「僕も1つのアトラクション」 ハイテンションアナウンスで人気の舞浜駅周辺リゾートバス運転士「亮ちゃん」が語るサービスの流儀(1/3 ページ)

【動画】亮ちゃんが運転するリゾートバスに体験乗車してきました。

[Kikka,ねとらぼ]

 「右手をご覧ください。かの有名な写真スポット『自転車に乗る男性』です!」――舞浜駅から周辺のホテル、そして大型テーマパークへと乗客を運ぶリゾートバス運転士、中川亮さんを取材。超ハイテンションなオリジナルアナウンスで人気を集める“亮ちゃん”にサービスの流儀を聞きました。


舞浜 バス 運転士 大新東所属の中川亮運転サービス士。「亮ちゃん」の愛称で親しまれている

SNSで度々話題になるバス運転士“亮ちゃん”とは

 舞浜駅周辺にある“夢の国”で楽しんだあと、ホテルへの移動に「リゾートバス」を利用したことがあるという人は結構多いのではないでしょうか。そんなリゾートバスの中でもひときわ異彩を放つのが“亮ちゃん”の愛称で親しまれるシダックスグループ・大新東の中川亮運転サービス士です。


舞浜 バス 運転士

 出発から到着まで終始小ネタを盛り込んだオリジナルアナウンスで乗客を楽しませる姿はリゾートホテルのレビューに「帰りのホテルまで向かうバスで元気をもらいました めっちゃ面白かったです」とコメントがつくほど。InstagramやTwitterでもたびたびユニークなトークを展開する姿が投稿されているほか、「また会いたい」「クレイジーでファンキーで急降下急上昇なドライブ」といったコメントが寄せられています。

 果たして亮ちゃんの運転するリゾートバスはどんな乗り心地なのか、ねとらぼ編集部は舞浜駅へと向かいました。

「お楽しみいただけたでしょうか、今のが『段差』というアトラクションです」

 通常はリゾートホテルを利用するお客さんしか乗車できないというリゾートバスですが、今回はリゾートバスの運行を受託する大新東の粋な計らいで特別に体験乗車することができました。

舞浜のリゾートバス運転士「亮ちゃん」のハイテンションアナウンスを取材

 舞浜駅に到着したバスからは、スーツケースにお土産などを持った乗客たちが次々に降車してきます。そんな乗客の荷物を持ちながら、「は〜い! 足元お気を付けくださ〜い」と笑顔を絶やさないのが亮ちゃんです。まず驚かされたのがお客さんに合わせた臨機応変な対応で、黒いスーツケースを持ったお客さんには「は〜い! ○○お帰りですよ〜」と笑顔を向け、青く小さいスーツケースを持ったお客さんには「××お帰りですね!」と人気SFキャラクターの名前を出しながら笑いかけるなど、瞬時に状況を把握して荷物とお客さんを安全にバスから降ろしていました。

 そしていよいよ私たちもバスに乗り込みます。「ようこそ、お待たせいたしました。そろそろバスが愉快に容赦なく動きます。しっかりとおつかまりくださ〜い!」と話しながら亮ちゃんが運転席に座ると、「さぁ準備のできたやつはヒレを上げて『うぉ〜』って言ってくれ。(乗客の反応を見て)ありがとうございます。今日イチの静けさです! さぁそれではバスが動きま〜す。動いちゃいました! もう私からは逃げられませ〜ん」と序盤から人気アトラクションをイメージしたトークで車内を温めます。

 その後も大きく右に曲がる際には「右に曲がりまーす。揺れまーす。揺れてまぁまぁまぁまぁまぁうす! とってもネズミカル! ご安心ください、じきに慣れまーす」と大きく抑揚をつけて笑いを誘ったほか、バスはときどき揺れる可能性があるとして「お手回り品や貴重品、はちみつやどんぐり、しっかりとお持ちください! 今の季節はかぼちゃ、しっかりとお持ちくださいね!」と夢の国のキャラクターや季節にちなんだオリジナルの注意喚起を行っていきます。実際に段差でガタガタッと車内が揺れる際には「段差です! しっかりとおつかまりください。(ガタガタガタガタ)お楽しみいただけたでしょうか、今のが『段差』というアトラクションです!」とにっこり。乗客たちは次第に亮ちゃんワールドに引き込まれていきます。

 さらに終盤では「皆さまカメラのご準備お願いします。シャッターチャンス逃さないでくださいね! カメラのご準備はよろしいですか? 誰もカメラのご準備されてないですけど大丈夫ですか? それでは右手をご覧ください。かの有名な写真スポット、『自転車に乗った男性です』遠慮なくお写真お撮りください。もれなくブレま〜す!」とまさかの展開で沸かせたほか、目的地への到着直前には「まもなく到着です。お忘れ物のないようご注意ください。貴重品だけは置いていってください……サイテー!」と最後のオチもバッチリ。約6分の旅を笑顔で終えました。

「僕自身もアトラクションであるという意識がすごくあります」

 乗客をわくわくさせるサービストークはいかにして生まれたのか、ねとらぼ編集部では中川運転士に取材を申し込みました。


舞浜 バス 運転士

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」