レビュー
» 2019年10月22日 11時15分 公開

「まだ結婚できない男」阿部寛が婚活アプリで女性と出会う? 「メンズノンノ」時代を思わせるヤバいファッション、細かい桑野ネタにニヤニヤ(1/2 ページ)

いきなり警察に逮捕される桑野(阿部寛)。

[北村ヂン,ねとらぼ]

 2006年に放送された阿部寛主演のドラマ「結婚できない男」が13年振りに復活。「まだ結婚できない男」(フジテレビ系・火曜21時〜)第2話。結婚に興味なさそうな顔をしている桑野信介(阿部寛)が、婚活アプリで女性と出会う!?


まだ結婚できない男 あの「結婚できない男」が婚活アプリを使う時代 イラスト/北村ヂン

桑野さんがだいぶ丸くなった!?

 建築事務所の共同経営者・村上英治(塚本高史)たちは、婚活アプリがどんなものか興味があるということで、勝手に桑野のプロフィールを登録してしまう。桑野は「バカバカしい。暇人の遊びだよ」と苦言を呈しつつも、婚活アプリ自体には気になっている様子。

 アプリを削除しようとしていたものの、23人もの女性たちからメッセージが届いたことから、その中のひとりとやり取りをはじめる。

 本作は偏屈で皮肉屋な建築家・桑野の奇行を観察するドラマなわけだが、前作から13年を経て、桑野の変人っぷりもだいぶ変化しているようだ。ひとりごとをブツブツつぶやいたりと、変態的な気持ち悪さは倍増しているものの、偏屈な性格はだいぶ丸くなっている印象。なにより、長い独身生活でさびしさが募っているのか、興味がない顔をしつつも、結婚を意識しているような行動が増えている。

 自宅で住宅模型を作り、家族&ペットのフィギュアを並べて理想の家庭を妄想したり(この行動は完全に変人だが)。アラフィフなのに独身の弁護士・吉山まどか(吉田羊)の語る、ボンヤリとした結婚観を前のめりになって聞いてみたり。

 そもそも以前だったら、勝手に婚活アプリに登録されたと知った時点でもっと激怒していたことだろう。

 前作ではiMacなど、Apple製品を愛用していた桑野が、今作で使用しているパソコンがDellになってるのも気になった。あらゆるものにこだわる桑野だけに、そのこだわりは貫いて欲しかったところだが……。ジョブズなきAppleの製品は使用するに値しないという、メッセージが込められているのだろうか!? ……単なるスポンサー関係の大人の事情なんだろうけど。

メンノン時代の自分のファッションを再現!

 婚活アプリで23通のメッセージを受け取った桑野。現実世界では、その変人っぷりから煙たがられているが、顔面&体型が阿部寛。しかも高収入とくれば、年齢はともかくとして、かなりのハイスペック物件なのは間違いない。

 大量のメッセージの中から「一人に疲れました……」という、ヨガのインストラクターをやっている女性に目をつけ、メッセージのやり取りを経て、会いに行くことになる。やはり「一人に疲れました……」というメッセージが、桑野の今の気持ちとリンクしてしまったのだろうか?

 この初デートに向かう桑野のファッションがヤバかった。「メンズノンノ」モデル時代の阿部寛を思わせる、カーディガンに赤いポロシャツというセルフパロディ・ファッション。同じ人間が着ているはずなのに、なんでこんなに変なのか。

 そもそも、いかつい顔のおじさんが、かつて爽やかさが売りのメンノンモデルだったということを知らない世代も多そうだが。

 待ち合わせ場所であるホテルのラウンジで、アパホテルの社長感のあるおばさんが近づいてくると、目印の本を隠したり、美女がやって来たらチラチラ見せつけたりと、童貞高校生のような落ち着かない桑野の行動がかわいらしい。

 しかし、待ち合わせの目印に使う本が、ヴィクトール・E・フランクルの『夜と霧』とは。アウシュヴィッツの強制収容所での体験を描いた本を目印にして、素敵な出会いが待っているとは思えない。こんな細かい桑野ネタの数々にニヤニヤされられたものの、その後の展開が雑だった。

 婚活アプリを利用した詐欺師と勘違いされて、いきなり逮捕された桑野。証拠もなく、容疑者と人相が似ているからという一点突破で逮捕してしまう警察って……。身柄を引き受けに行った弁護士・まどかとの距離を縮めるためのエピソードだったのだろうが、いくらなんでも展開が雑すぎないだろうか。


まだ結婚できない男 「メンズノンノ」モデル時代の阿部寛をセルフパロディか イラスト/北村ヂン

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/23/news039.jpg 梅宮アンナ、娘の20歳バースデーに“姉妹のような親子”ショット 2002年にアメリカで出産「あれから20年かぁ」
  2. /nl/articles/2201/23/news040.jpg Excel「1+1=4」 謎の計算結果になる原因を特定したツイートに「セルの結合は悪」「セルの結合を滅ぼせ」
  3. /nl/articles/2201/23/news005.jpg 雪道で「ルンルン♪」と木の棒を運ぶワンコ→次の瞬間 雪が落下するハプニングに混乱!!【ノルウェー】
  4. /nl/articles/2201/23/news006.jpg 和尚様「この水あめは子どもが食べると毒」 → クロマトグラフで分離分析 全て数学で解決する漫画“理系一休さん”が頓知ゼロ
  5. /nl/articles/2201/23/news024.jpg ガンプラが品薄で買えないならランナーで作ればいいじゃない→できあがったガンダムが不思議と本物に見える
  6. /nl/articles/1903/17/news030.jpg 武田久美子、離婚した米国人夫との写真公開 “日にち薬”の効用か「隣に居ても何とも思わなくなりました」
  7. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  8. /nl/articles/2201/23/news032.jpg 武田久美子、皮膚科医を目指す娘と2ショット 親密な姿にファン「姉妹にしか見えん」「憧れます」
  9. /nl/articles/2201/21/news169.jpg お姉さんたちの美ボディにメロメロ! 「東京オートサロン2022」美女コンパニオンまとめ第3弾
  10. /nl/articles/2201/22/news028.jpg 「中がホテルみたい」 チュート徳井、自慢のハイエース「おじキャン仕様」を披露「ハイエース乗って人生変わりました」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」