ニュース
» 2019年10月22日 17時40分 公開

小田急百貨店で販売された1728円の「素敵ステーキサンド」が「見本との落差で涙が出そう」と炎上→購入者と催事担当者を取材

「これ一個でこの値段ですか!?!?!?」など批判が殺到。

[Kikka,ねとらぼ]

 小田急百貨店新宿店の催事で提供された1728円のステーキサンドが、「見本写真との落差が激しすぎて涙が出そう」と炎上しています。小田急百貨店の企画担当者を取材しました。

 物議を醸しているのは、小田急百貨店が10月16日から20日まで開催した「食べあるキング厳選!秋の食欲全開まつり」で、フォーリンデブはっしーさんらからなるグルメユニット「食べあるキング」が、ピザ、から揚げ、ハンバーグといったグルメをピックアップするというもの。名店の味が一堂に楽しめるとあり、多くの人が訪れました。


素敵ステーキサンド 小田急 物産展 食べあるキング厳選!秋の食欲全開まつり」(公式サイトより/催事終了につき現在は削除済み)

 そんな中注目を集めたのは、「創作鉄板 粉者」が提供する人気メニューの素敵ステーキサンドで、ぶ厚いサーロインをカリッと焼けた食パンで挟んだもの。


素敵ステーキサンド 小田急 物産展 素敵ステーキサンドのイメージ写真(公式サイトより/催事終了につき現在は削除済み)

 今回の催事では1切れ1728円で販売されましたが、『おさわがせプリズムレディ』『またたび荘は猫屋敷』などの著作で知られる漫画家の新名昭彦(@akiniina)さんが「え?みんな小田急の素敵ステーキサンドに納得しているの?」「1728円!!あからさまに作る過程見せないし、ブースは写真で埋め尽くして現物見せてないし、味だって大した事ない。現物見せたら買ってくれないって分かっているから隠してる。これでいいの?小田急?」と、現地で購入した素敵ステーキサンドと手のひらの大きさを比較する画像を公開したところ、さまざまな意見が寄せられました。


素敵ステーキサンド 小田急 物産展 新名さんが購入した素敵ステーキサンド(画像提供:新名昭彦さん)

 特に事前に告知されていたイメージ画像よりもが現物が小さく見えること、フィンガーサイズのステーキサンドが大きな発泡スチロール容器に入れられていたため中身が見えないことは批判の的となり、「見本写真との落差が激しすぎて涙が出そうです…見本になってない…」「バードカフェの御節より酷い」などの声が上がっています。


素敵ステーキサンド 小田急 物産展 事前公開されたイメージ画像と新名さんが購入した商品の比較(編集部作成)

 またリプライ欄では新名さんに対して質問する人もおり、「これ一個でこの値段ですか!?!?!?」という問いかけに対して「そうです。リッツパーティサイズです。沢口靖子もビックリです」と答えた他、「これは酷いですね…その場で店員さんに何も言われなかったんですか?」という質問には「これはその場に来れなかったカミさんへのお土産だったので、開封したのは家でです。しかも入れ物も中が見えない。(写真にある白いトレーを合わせてテープでとめてましたよ)」と答えています。

 ねとらぼ編集部が新名さんに詳しいお話を伺ったところ、「百貨店物産展系は大好きで、多少お高くても楽しめる食べ物ばかりでいつも利用しています。今回は……ちょっと私的にありえなかったので投稿いたしました」とコメント。

 「ブースを写真で埋め尽くして箱詰めや調理の過程を目隠し、容器も大きく中が見えない、現品やサンプルもない」という点は特にひどいと感じたと言い、「(店舗でお肉3000円/100グラム故に妥当ですという投稿も見ましたが)粉者さんが人気店で人気商品、お肉が高級で一口サイズでも妥当な値段なのは理解できますが、あの場では他のブース販売品と比較して客足は遠のいてしまうでしょう。それを避けるための工作だと勘ぐってしまいます」と語りました。

 また新名さんはこうした思いと並行し、小田急百貨店からは催事担当マネージャーから「不信の念をお与えする結果となってしまいましたこと深くお詫び申し上げます」と謝罪の言葉が寄せられたこともねとらぼ編集部に明かしました。

 小田急側は新名さんによる「筋張っていて噛み切れない部位であった」との主張については、「調理前の筋切が不十分であったものと思われます」と回答。また「現品が全く見えない」との指摘については、「指摘通りであったため、現品をきちんと見せて販売するよう指導いたしました」とし、容器については「商品に対して不釣合いな大きさでございましたので、お出しする容器を変えるよう指導いたしました」と回答したといいます。

 またこうした不手際について、あらためて「重ねまして不信の念、ご不快なお気持ちをお与えいたしましたことをお詫び申し上げます。また、ご期待にお応えすることができず誠に申し訳ございませんでした」と真摯に謝罪したうえで、「今後は、各店舗の出店内容をより精査し、お客様にご満足いただける催しを行って参る所存でございます。何とぞ、この度のことはご容赦いただき、引き続き、ご愛顧賜りますようお願い申し上げます」と理解を求めました。

 これを受けてねとらぼ編集部では小田急百貨店 新宿店の催事担当者にもお話を伺いました。

――新名さんからの問い合わせを受けた後の対応を教えてください。

小田急百貨店10月19日に新名様からご指摘をいただき、その日の夕方に商品や製作工程が売り場で見えるように改善を行いました。POPで商品をより目立たせるという意図とはいえ、実際の商品などが見えない状態になっていたのは申し訳なかったです。

――お肉の処理についてはいかがでしょうか。

小田急百貨店お肉の筋切りについても、部位によってどうしても違いはあるものの、なるべく違いがないように、よりしっかりやるようにという指示をいたしました。

――提供容器についてはいかがでしょうか。

小田急百貨店当初はバーガー類に使用するような紙袋に包んだ上でプラスチック製容器に入れて提供していましたが、ご好評いただいた関係で3日目に紙袋を切らしてしまい、3日目からはプラスチック製容器に直接入れるようにオペレーションが変更されていました。商品よりも一回り大きな容器になっていたのはそのためです。19日に指摘をいただいてからは、一回り小さい容器を使うように切り替えました。


 新名さんはその後、自身のTwitterにて「あのての催し物ではやはり商品の現物、調理の様子を見せる事が当たり前で指導に落ち度があったと認めていただきました。直接お詫びに…とも言われましたがそれはこちらの本意ではないので丁重にお断りいたしました」と小田急百貨店側の対応について説明。

 「僕がツイートした理由は商品が小さいとかショボいことが理由では無く商品を隠して客を騙そうとした事がゆるせなかったので、そこを認めていただけたという事で素敵ステーキサンドに関してはもうこれ以上言う事はありません」と締めくくり、「また物産展に行きまーす!」としました。

 今回の催事では商品のサイズやクオリティーにばらつきがあったようで、「ジューシーで、お肉柔らかー!シンプルな味付けで美味しかった」「噂の素敵ステーキサンド食べたけど美味しかった」と満足したという声が上がっている他、新名さんの以外にも「私はチラシで個数が記載されてなかったので2個入りかと思いました」「後ろの人が『アホかってサイズやな』って言ってました たれは美味しかったです」など素敵ステーキサンドについて意見する声がいくつか上がっているものの、小田急百貨店側の対応は素早かったと言えそうです。

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.