レビュー
» 2019年10月23日 11時30分 公開

高畑充希「同期のサクラ」10年前の職場意識に言葉を失う2話 「応援団にいたから体力だけは自信ある」「大学の先輩に見捨てられたら終わり」って(1/2 ページ)

椎名桔平の立ち位置が気になる。

[寺西ジャジューカ, イラスト:まつもとりえこ,ねとらぼ]

 10月16日に「同期のサクラ」(日本テレビ系)の第2話が放送された。2010年、働き方改革以前のパワハラの実態がクローズアップされた。


同期のサクラ 融通の効かないサクラに終始ハラハラ イラスト/まつもとりえこ

俺の目の黒いうちはお前を絶対土木に入れない

 眠り続ける北野サクラ(高畑充希)の病室で清水菊夫(竜星涼)は、過去のある出来事に思いを馳せた。

 2010年5月、サクラは花村建設人事部で社会人2年目を迎えていた。「経費削減のために無駄な残業時間を減らせ」という上からのお達しを、火野すみれ(相武紗季)とサクラは各部署へお願いしに回る。その流れで、サクラは営業部に配属された菊夫と再会した。このとき、菊夫は営業部長の桑原(丸山智己)から図書館の建設現場の工期を1カ月早めるよう無茶振りを受けていた。作業員からは「無理だ」と言われ、板挟みに遭う菊夫。

 1週間後、営業部の残業時間は減るどころか増えていると人事部で問題に上がる。残業時間を減らすようサクラが営業部へ伝えに行くと、菊夫は桑原に「工期を早めるまで戻ってくるな」と怒鳴られていた。それを見たサクラは「菊夫君は今日は定時に帰らせていただけますか?」と割って入る。怒った桑原は人事部に乗り込み、人事部長の黒川森雄(椎名桔平)に激昂。黒川は「二度と営業部に行くな」とサクラに注意した。

 後日、菊夫の残業を止めようと会社のロビーで待ち伏せするサクラ。そして、菊夫が桑原と共に現れる。サクラは「菊夫君が体調を崩したら管理責任を問われる覚悟はおありでしょうか」「菊夫君が体を壊して会社を辞められたら困る」と桑原に迫るが、菊夫は桑原に付いて外出してしまった。

 サクラは落ち込み、祖父の柊作(津嘉山正種)に「どういう人を大人と言うのかわからない」とFAXを送る。すると、柊作から「大人になるとは自分の弱さを認めること」とFAXが返ってきた。

 そこに菊夫が倒れたと連絡が入り、サクラは病院へ向かう。病室で点滴を打つ菊夫は「自分が何のために働いてるのかわからなくなった」と心境を吐露。サクラは祖父の言葉を伝えた。

 翌朝、菊夫は桑原に「部長の言う通りにはできません。やらされるんじゃなく、自分がやるべきと思った仕事をやりたい」と思いを伝えた。そこに、菊夫が担当する図書館の水道管が破裂したとの連絡が。現場に直行した菊夫の協力もあって危機は脱し、作業員は「菊夫のために工期を早める」と言ってくれたが、菊夫は「今まで通り、いい仕事をすることを一番に考えてほしい」と伝えた。

 その後、桑原はサクラが希望する土木部の担当役員に異動。「俺の目の黒いうちはお前を絶対土木に入れない」と宣言する桑原に、サクラは「部長のオーデコロンの匂いは強過ぎる」と注意した。


同期のサクラ 悩む菊夫が、サクラに力いっぱいお尻を叩いて立ち直ろうとするシーンもあった イラスト/まつもとりえこ

働き方改革以前のパワハラ

 第2話の主役は菊夫だ。時代は2010年。黒川はろくに仕事もせず、勤務中に書籍『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』を読みふけっている。同年はまだ働き方改革が行われる前の時代で「パワハラ」というワードがさほど浸透していない頃だった。

 菊夫の残業時間は100時間に達しようとしていたし、仕事が終わった後も接待に駆り出される毎日。「ゴルフに行くぞ」「車を買え」「免許を取れ」という桑原からの圧。休日も会社の上下関係から逃れられず、稼いだ給料の使い道を強制されるという地獄の日々は続く。「お前のためを思っての愛情だ」という言葉は新人にとって重しになり、また、この手の言葉を吐く者が己を第一に考えているのは世のパターンである。

 救いがないのは、きっと桑原も新人の頃はこんな扱いを受け、乗り越えた記憶が成功体験になってしまっていること。「俺の時代はもっと辛かった。でも、今の若いモンは……」と桑原が切って捨てている姿が目に浮かぶようだ。

 実は、黒川の上司ぶりもよくわからない。苦手な桑原の対応をサクラに任せ、「北野も連れていけ。あの顔で頼まれたら何か断れない迫力がある」と自らの手を汚そうとしない狡猾さ。実は、勤務時間中にずっと読書しているこの人が一番仕事をしていない。何か狙いがあるのだろうか?


同期のサクラ サクラを大切に思う同期の相関図 イラスト/まつもとりえこ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  2. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/25/news022.jpg 【漫画】「うちの一族は死人が出る前にインターフォンが鳴る」―― ある一族に伝わる「死の予兆」と、当事者に起きた不思議な出来事

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる