ニュース
» 2019年10月23日 15時32分 公開

「食べる地獄」で話題の「じゃがりこ 激辛インドカレー味」を食レポ 辛いというかもはや痛い(1/2 ページ)

涙目で完食。

[ねとらぼ]

 10月14日に発売した「じゃがりこ 激辛インドカレー味」がいくらなんでも辛すぎると話題に。Twitterでは「今まで食べたお菓子で一番辛かった」「200円以下で買える地獄」といった恐ろしい投稿が拡散されています。


「じゃがりこ激辛インドカレー味」が辛すぎる 「じゃがりこ 激辛インドカレー味」



 2006年に一部地域でテスト販売されて以来、13年ぶりの復活となった「じゃがりこ 激辛インドカレー味」。公式サイトでは「スパイスとチキン、野菜のうまみをバランスよく組み合わせた、刺激的でスパイシーな旨辛いチキンカレーの味わい」が魅力と紹介されています。

 「野菜のうまみをバランスよく」「旨辛いチキンカレーの味わい」といったワードから連想するのは、普通においしそうなインドカレー。説明文を読んだ限りではそこまで辛そうな印象を受けません。

 果たしてネットで囁かれるような「地獄の辛さ」は真実なのでしょうか。実際にねとらぼ編集部も食べてみました。


「じゃがりこ激辛インドカレー味」が辛すぎる 真っ赤!

 蓋を開けてまず驚かされるのが、普段のじゃがりこからは想像できない暴力的な赤色。一目見ただけで脳が危険を察知するビジュアルです。「捕食者から身を守るために進化したじゃがりこ」と言われても信じるレベル。

 覚悟を決めて恐る恐る口の中へ放り込むと、いきなり猛烈な辛味が襲いかかる! ……と思いきや、あれ? そこまで辛くない……? いや、違う。時間差で遅れて来るやつだ。めちゃくちゃ辛い。もはや痛い!

 辛さ耐性が並み程度の編集者は軒並みギブアップ。「もうちょっと優しくしてほしい。汗が出てきた」「辛さ以外の味が行方不明。大火事の中で一粒の砂金を探してる感じ」「じゃがりこが硬いから、辛いと分かっているのに明確な意思を持って噛み砕かなきゃいけない。自分から地獄行きを選んだ戸愚呂弟の気分」などなど、オフィスは阿鼻(あび)叫喚に包まれました。

 一方で激辛マニアの編集者からは「ちゃんとカレーの旨みを感じられておいしい」「話題になってからもう5個食べてます。完全にハマった」といった感想も。辛味に強い人、刺激そのものが好きな人にはたまらない味のようです。



 「じゃがりこ 激辛インドカレー味」は期間限定での販売。挑戦してみたい方はお早めの購入を!

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む