ニュース
» 2019年10月23日 18時55分 公開

ミッキーの誕生日に「1日限定」ファストパス 昨年の「660分待ち」を受け、東京ディズニーランド「ミート・ミッキー」で初の試み

並んでいる時間が短くなるのはうれしい。

[小林夏帆,ねとらぼ]

 東京ディズニーランド内の、ミッキーマウスと会うことができる施設「ミッキーの家とミート・ミッキー」で、1日限定のファストパスが発行されます。その「1日」とは11月18日。この日は、ミッキーマウスがはじめて映画に出演したデビュー記念日で、東京ディズニーランドもミッキーをお祝いするファンでにぎわいます。

ミッキースクリーンデビュー ドリーミング・アップ!のミッキーマウス(編集部撮影)

 ミッキーマウスの誕生日ともいえる11月18日は、「スクリーンデビューの日」としてディズニーファンに親しまれています。ファンの中にはお祝いの声を直接伝えるため、ミッキーに会える場所である東京ディズニーリゾートに足を運ぶ人も少なくありません。

 東京ディズニーリゾートの中でミッキーマウスに合うことができる施設はいくつかありますが、スクリーンデビューの日に特別ににぎわうのは、東京ディズニーランドの中にある「ミッキーの家とミート・ミッキー」。開園時間から閉園時間まで、屋内で天候に左右されず、必ずミッキーに会うことができるのが人気のポイントです。

 2018年の11月18日には、「ミッキーの家とミート・ミッキー」の待ち時間は一時660分=11時間待ちを記録し、大きな話題となりました。東京ディズニーリゾートでは、キャラクターグリーティングや入店待ちなどで長時間の待ち時間が発生する場合、紙製の整理券を発行して対応することがありますが、「ミッキーの家とミート・ミッキー」でファストパスを発行するのは初めての措置です。

 ファストパスは、本来「指定された時間に利用すると、アトラクションの待ち時間を通常よりも短くできる」システムなのですが、2019年11月18日に「ミッキーの家とミート・ミッキー」を利用する際は、必ずファストパスが必要となります。

 つまり、今回の「ミッキーの家とミート・ミッキー」のファストパスは、実質的に整理券の代わりとして発行されるようです。

 11月18日当日は、東京ディズニーリゾートの公式スマートフォンアプリからファストパスを取得できるほか、「ミッキーの家とミート・ミッキー」の前にいるキャストに声をかけると、入園時に使用したパスポートにファストパス情報が付与されるということです。2つの方法でファストパスが取得できますが、公式アプリを利用すると、入園してすぐにファストパスを取得することができるので、アプリの利用がおすすめです。

 「ミッキーの家とミート・ミッキー」のファストパスの発券は、通常の入園に加え、ディズニーホテルの利用特典の開園時間より15分早く入園できる「ハッピー15エントリー」でも、入園時から利用できるということです。

 また、東京ディズニーシー内のミッキーに会えるグリーティング施設「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」では、ファストパスの発券は行われません。こちらでは、ミッキーに加え、11月18日に同じくスクリーンデビューしたミニーマウスにも会うことができます。

 最近では、人気のグッズを公式アプリでのみの販売に絞るなど、待ち時間や行列を減らす対策に力を入れている東京ディズニーリゾート。2020年のオリンピックや新エリアのオープンで来場者の増加が見込まれるなか、新しい試みに注目です。

東京ディズニーリゾート公式アプリ

https://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/guide/app.html

東京ディズニーリゾート公式サイト

https://www.tokyodisneyresort.jp/

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」