ニュース
» 2019年10月24日 11時44分 公開

【復旧】Twitterで画像のスタンプ位置がずれる不具合 Twitter社は対応中

人の顔などをスタンプで隠そうとする場合は気を付けて。

[ねとらぼ]

 Twitterで、画像に付けたスタンプの位置がズレる不具合が発生しています。Twitter社は復旧に取り組んでいるとコメントしています。

Twitterのスタンプ

 数日前から複数のユーザーがこの不具合を報告。スタンプ機能はTwitterアプリで利用でき、投稿する画像にハートマークやスマイリーマークなどのスタンプを付けられます。不具合は、編集画面でスタンプを置いた場所と、投稿した画像のスタンプの位置がずれるというもの。不具合に気付いたユーザーは、人の顔など個人情報を隠すためにスタンプを使っている場合は気を付けるようにと注意を呼びかけています。

 Twitter社に問い合わせたところ、「現在、復旧に取り組んでおります」とのこと。当座は投稿する画像に直接モザイクをかけるなどの対策を取るのがよさそうです。

スタンプ編集画面。顔を隠したつもりでも投稿すると不具合でスタンプがずれてしまう

10月24日17時20分追記

 Twitterが不具合を修正しました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.