ニュース
» 2019年10月24日 20時10分 公開

アニメ「星合の空」のダンスシーンが「踊ってみた」動画にそっくり TBS・製作委員会「事実関係の確認中」

たしかにそっくり。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 放送中のアニメ「星合の空」において、エンディングのダンスパートの振り付けが、Web上の既存の「踊ってみた」動画と似通っていると、当該の踊り手や視聴者から指摘の声が上がっています。製作委員会は作品公式Twitterを通じ、10月24日に「現在、事実関係を確認しております」とコメントしました。


 問題となっているのは、17日に放送された第2話において初披露されたエンディングでのダンスシーン。同作は主人公らのソフトテニス部での活躍を描く作品ですが、エンディングでは部員だけでなく、運動ができなそうな生徒会長などまでが楽曲に合わせてキレキレのダンスを披露する映像になっており、視聴者から好評を得ていました。

 ところが23日になり、踊り手で振付師でもある「めろちん」さんがTwitter上で、自身のダンス映像と、エンディング映像の振り付けの類似性を指摘。さらに、踊り手の七河みこさんも「アニメのEDに私も恐らく使われてしまっています…」と、同じく無断で振り付けを使用されたようだと名乗り出ました。


 ねとらぼ編集部では作品の宣伝担当者を通じ、製作委員会への取材を依頼。放送局であるTBSを窓口として紹介され、24日午前にいくつか質問をしていましたが、Twitterでの委員会と同様「現在事実関係の確認を進めております」との回答でした。

ねとらぼ編集部の質問

  • 似た振り付けになった理由について教えてください。(EDクレジットには「絵コンテ/演出/作画 江畑諒真」とあります。参照した映像があったのであれば、それは江畑氏自ら提案・参照したものだったのか、江畑氏以外のスタッフは把握していたのか等、可能な範囲でお答えください)
  • 今後めろちん氏や七河氏らに対し、何か説明・対応などを行う予定はありますか。
  • EDの差し替えや、クレジットの追記などの予定はありますか。
  • 本件について、公式サイト等で説明を行う予定はありますか。

TBS広報の回答

  • 現在事実関係の確認を進めております。
TBSからの回答

 同作は「ノエイン もうひとりの君へ」「鉄腕バーディー DECODE」などで知られる赤根和樹監督の最新作。赤根監督の完全オリジナル作品は2005〜2006年に放送された「ノエイン」以来であり、今回もキャラクターの丁寧な心情描写や見応えあるスポーツシーンなどが評判を呼んでいました。


 エンディングの絵コンテや演出を担当したのは、前述の「ノエイン」「バーディー」などにも参加経験のある実力派アニメーター江畑諒真さん。赤根監督は問題が明るみに出る前にTwitterで、「アイデアを伝えて、後はよろしく!って感じで」江畑さんに依頼していたと明かしていました。


 踊ってみた動画を参照していたのだとして、参照までの経緯や、誰がそのことを把握していたのかなど、製作委員会側からの続報に期待したいところ。なおTBSでは、本日(24日)25時58分から「星合の空」第3話が放送予定となっています。


追記:めろちんさん「TBSから謝罪あった」

 踊り手のめろちんさんが、Twitter上で「TBS制作様より振付を使用したと謝罪のご連絡をいただきました。一部はまだ調査中とのことです」と投稿。今後については弁護士を通じて対応し、詳しい経緯が分かり次第あらためて報告をするとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.