ニュース
» 2019年10月25日 14時12分 公開

千葉県 たった3時間で平年1か月のおよそ7割の雨

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp


 25日(金)、千葉県鴨川市ではたった3時間で10月の平年雨量のおよそ7割の雨が降りました。夕方にかけても発達した雨雲がかかるでしょう。土砂災害や河川の氾濫に厳重に警戒して下さい。

千葉県 記録的な大雨 迷うことなく適切な防災行動を

 25日(金)、関東地方は、湿った空気が流れ込み、広く雨が降っています。特に千葉県には発達した雨雲がかかり、鴨川市では正午までの3時間に160.0ミリの雨を観測しました。観測開始以来1位の値を更新。たった3時間で、10月の平年雨量のおよそ7割の雨が降ったことになります。

 午後は、日本の東を北上する台風21号周辺の非常に暖かく湿った空気が流れ込み、さらに大気の状態が不安定になる見込みです。夕方にかけて非常に激しい雨が降る所があるでしょう。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒して下さい。

 気象庁は、千葉県では記録的な大雨になる可能性があるとして、迷うことなく適切な防災行動をとることが重要であると、呼びかけています。すでに河川は増水し、加茂川など氾濫危険水位を超えている所があります。インターネットなどで、河川の水位情報を確認し、適切な避難行動をとって下さい。

関連リンク

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.