ニュース
» 2019年10月25日 16時00分 公開

「鼻穴を広げてすみません」「せつないゴリラモード追加」 あるアプリのユニークなアプデ履歴が話題に

せつないゴリラモード、夏季限定だったのが惜しい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 iOSアプリ「モザイク ぼかし&モザイク加工アプリ」の、アップデート履歴の文章がユニークだと話題です。「たくさんの人たちの鼻穴を広げてしまって、本当にすみませんでした」って、前代未聞の謝罪だな。


モザイクアプリ アプリ自体は、ドラッグした部分にモザイクをかけられる手軽で便利なやつ

モザイクアプリ アップデート履歴を開くと、「わりとパワーアップしました」など脱力感あふれる文が押し寄せてきます(強調部分は筆者の加工/以下同)

 このおかしな謝罪の発端は、特定の加工フィルターを使用した際に、人物の鼻の穴が広がってしまう不具合。「これ以上、私の鼻穴を広げるのをやめてください」との指摘を受けて、8月24日に修正したそうです。クレームまでユーモラスだった。

 ほかにも、「家に石でも投げられるんじゃないかというくらい『ボタン画像がイラストになって使いづらくなった』と328件ほどクレームが来たので、軽くへこみましたが、ボタンの画像を元に戻しました」「数年前から見て見ぬふりをしていた問題をようやく修正しました」など、とぼけた報告が満載。履歴をさかのぼってみたところ、説明文は2017年なかばまでは真面目に書かれていたのですが、同年9月14日の「誰も分からないような不具合の修正を行いました」あたりから、書き手が徐々に遊び始めたようです。


モザイクアプリ 2017年から「ものすごく迷惑な不具合を修正」「不具合の原因と思われる部分を勘のみで修正いたしました」など、少しずつ表現がコミカルに。多少の日本語の不備が気にならないレベルでおかしい

 2018年の更新では、文中に「ゴリラ」が頻出。突如「アルバムから写真を選択できなかった問題を解決いたしゴリラました」などとバグった文が出てきたかと思えば、翌月には「せつないゴリラみたいなバグを修正」と謎のバグ報告がなされ、しまいには夏休み期間限定で「せつないゴリラモード」が追加されました。


モザイクアプリ 「今回のアップデートで追加予定だったせつないゴリラ機能は間に合いませんでした」がせつない

 何の機能なんだーっ! と思いつつTwitterで検索してみたところ、どうやら「表情がせつなげなゴリラのイラスト」で写真の一部を隠せる機能だったもよう。意味不明で面白すぎるので、期間限定と言わず再び実装してほしい……もちろんとぼけた説明文とともに。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2009/29/news094.jpg 「結末が載っていないなんて初めて」 「半沢直樹」賀来賢人&西田尚美&児嶋一哉ら出演者もラストを知らされず
  3. /nl/articles/2009/28/news039.jpg 「早く宿題終わったなら余った時間勉強しなさい」 会社でも見掛ける“やる気を無くすシステム”描いた4コマがあるある
  4. /nl/articles/2009/28/news089.jpg 「笠原さん」「笠松だよ!」 アンジャ児嶋、「半沢直樹」堺雅人と2人きりのシーンで“直樹”に名前をイジられる
  5. /nl/articles/2009/21/news034.jpg 「人が買ったカレーを盗むな!」嫁姑の“カレールー事件” 妻に出ていかれた相談者は挽回できるのか「テレフォン人生相談」先週のハイライト
  6. /nl/articles/2009/28/news056.jpg 母親「いいことあったから家に来なさい」 実家のかわいい子猫、1年後にめちゃくちゃでかくなるビフォーアフター!
  7. /nl/articles/2009/29/news052.jpg 「原神」公式、PC版の“スパイウェア疑惑”についてコメント ゲーム終了後も起動していたのは「不正パッチを防ぐため」
  8. /nl/articles/2009/29/news018.jpg ソシャゲのガチャ、物欲センサーで外れを引いたと思ったら…… 思わぬところでレアを引いた漫画にときめく
  9. /nl/articles/2009/28/news085.jpg 虚構新聞が謝罪 運動会のリレーで感染症に“2メートルのロングバトン使用”が事実に、長さまで一致
  10. /nl/articles/2008/31/news101.jpg 「ホラー感がすごい」 「半沢直樹」白井大臣、銀行の一致団結に屈す 崩れ落ちた“片目開眼”で視聴者を圧倒