ニュース
» 2019年10月25日 18時11分 公開

シャープ公式Twitterの家電相談が正直すぎて話題に 「ゲーム用モニターのおすすめは?」→「他メーカーの方がいいと思います」

苦手分野については他社を勧め、得意分野ではしっかり自社製品を勧める割り切り。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 冬のボーナス商戦を前にして各家電メーカーが多数の新製品をリリースするなか、「シャープさん」ことシャープ公式Twitterの“中の人”も、流れに乗って自社製品のアピールを始めました。



 しかし、そこはぶっちゃけがちなことで知られるシャープさん。ゲーム用モニターのおすすめを聞かれて「他社製品のほうが良い」と正直に答えてしまい、その潔さで話題を呼んでいます。



 シャープさんは10月24日、「皆さんのお給料あるいは冬のボーナスをあてにして、たくさんのシャープ製品が本日発売になります」と正直に語りつつ、「必要ないのに買えとは思いませんが、必要なら候補に入れてください」と謙虚なお願いをツイート。すると、多くのTwitterユーザーからおすすめの製品について質問が寄せられました。



 ところが、「冷蔵庫を10年ほど使っているのでそろそろ買い換えたい」と相談されても「まだいける」といった調子で、商品を強くは勧めません。また、前述したゲーム用モニターの件のような苦手分野については、「おすすめの全録レコーダーは?」と聞かれて「それなら東芝さんへ」、食洗機について聞かれれば「作ってないのでパナソニックさんへ」と、同業他社へ誘導しています。こうしたやり取りには、「販促して」「敗北宣言w」などのツッコミがリプライされる一方、「潔くて好感が持てる」「懐が広い」と評価する声も上がりました。


 ただ、シャープさんもやる気がないわけではなく、ハンディ掃除機やドラム式洗濯機など、得意分野ではおすすめの自社製品をしっかり提案しています。そんなスタンスを、「不得意分野がはっきりしているのは、得意分野が明確な証拠」と評価した意見も印象的でした。


シャープ 質問者にピンズドの掃除機「EC-AR3S」を提案


シャープ 独り暮らし向けのドラム式洗濯機を聞かれ、答えたのがこの「ES-S7D


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.