ニュース
» 2019年10月25日 18時50分 公開

ジルスチュアートの限定コフレが華やか ヴィンテージドレス感ある「ロイヤル&アーバンプリンセス」

ポーチの中に4つのアイテムが入ったコフレ。

[鈴木なとせ,ねとらぼ]

 ジルスチュアートの第1弾ホリデーコレクション「ロイヤル & アーバンプリンセス コレクション」の事前予約が10月18日に開始しました。テーマは「アーバンプリンセス」。

ALT ロイヤル&アーバンプリンセス コレクション 8250円(税込、以下同)

 ヴィンテージドレスをイメージしたフラワープリントと大きなベルベットのリボンをあしらったポーチの中に、人気の6色アイシャドウパレット、トレンド感のあるバーガンディレッドのアイライナー、ヴィンテージピンクのリップグロス、淡いピンクのフェイスパウダーが入ったセット。価格は8250円(税込、以下同)です。

ALT ジルスチュアートらしい華やかなコフレ

 アイシャドウパレットはふただけではなく本体側面にもピンククリスタルをイメージさせる装飾つき。ふた部分のデザインはポーチともマッチする落ち着いたヴィンテージ調の華やかなフラワー柄になっています。パレットはピンクとブラウンのグラデーションで、クリスマスのお出かけにもぴったりの上品なパール感のある仕上がりに。

 アイシャドウとおそろいのパクトに入ったフェイスパウダーは、テーマである「アーバンプリンセス」らしい緻密な美しい模様が彫り入れられています。淡いピンクのパウダーは肌なじみもよく、セットされた小ぶりのブラシを使えば、頬の高い位置や上唇などにピンポイントにのせて立体的なメイクが楽しめそうです。

ALT

 なめらかな書き心地のジェルアイライナーは深い色合いのバーガンディレッド。派手すぎない洗練された赤は、すっと目尻にプラスするだけでも印象的な瞳にできちゃいそう。昨年から引き続き流行中のカラーメイクにテクニックなしで挑戦できます。同じくティアラのような装飾のリップグロスはヴィンテージピンクの色合いです。

ALTALT

 また、11月15日には、同コレクションに合わせたリキッドアイシャドウ、限定カラーのリップ、ネイルが登場します。

 リキッドアイシャドウはどんなシーンにもなじむローズブラウン、ベージュカラーのラインアップ。パール配合で目もとにきらめきと濡れたようなツヤ感を与えます。つけ心地はみずみずしいタッチでまぶたにしっかりとフィットし、乾くとサラサラとしたパウダリーな仕上がりに変わります。

ALT プリンセスルックリキッドアイシャドウ 各2750円

 リップは保湿成分配合のみずみずしいピュアレッド、セミマットで落ち着きのあるピンキッシュブラウン、パール感の強いアンティークピンクの3種類。いずれも上ぶた部分がシークレットミラーになっており、お出かけの際のメイク直しにも便利です。オーロラのスワロフスキーがキラキラのデザインは、コスメというよりもはやジュエリー。

ALTALTALT リップブロッサム 各3080円

 ネイルカラーはピュアレッド、ビンクパールベージュ、ダズリングゴールドの3色。速乾性に優れたクイックドライタイプで、発色を保つネイルプロテクト成分も配合されています。

ALT ネイルラッカー 各1650円

 限定コフレには、プレゼントボックスとショッパーも用意されています。11月1日以降「店頭で3300円以上の購入」「サイトでコレクションを購入」すると、真っ白なチュールのポンポンとベルベットの持ち手が特別感あるショッパーがもらえます。

ALT 自分用でもギフト包装してもらっちゃおう
ALT ポンポン揺らして歩きたい

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」