レビュー
» 2019年10月28日 19時30分 公開

“賛否両論”というかほぼ“否” バチェラー・ジャパンシーズン3、なぜファンは悲鳴を上げたのか(1/2 ページ)

俺たちは「バチェラー」に夢を見ていた……。

[青柳美帆子ねとらぼ]

 この週末、何回「バチェラー見た!?」という会話を交わしたことだろう。10月24日、25日と2晩続けて深夜に配信された「バチェラー・ジャパン」シーズン3最終エピソードは、賛否両論……というか正確にはほぼ“否”の反応を呼んだ。

 「バチェラー・ジャパン」(以下「バチェラー」)は、アマゾンジャパン制作、独占配信の恋愛リアリティーショーだ。“バチェラー”と呼ばれるハイスペックの独身男性のもとに、結婚を意識する20人の女性が集まる。バチェラーと女性たちはデートを重ね、回ごとに何人かが脱落する。最後に残った女性に“真実の愛”を渡す――というのが基本骨子。2017年にシーズン1、2018年にシーズン2が配信、そして2019年9月13日からシーズン3の配信が始まった。

 シーズン3のバチェラーは友永真也。神戸生まれ、父と兄は医者、フランスに長期の留学経験があり、現在は実業家。フランスの時計の輸入代行などを行う会社「エターナルフレンズ」を営んでいる。車と動物が好き。シーズン1とも2ともまた違うバチェラーがやってきたと、当初は期待半分、“お手並み拝見”的視点半分だった。

 今思えばあのころは幸せだった……。ここからはシーズン3のラストの展開のネタバレになる(まだネタバレを踏んでいない人は注意)。

バチェラー ハイスぺ男性VS.20人の女性……の、はずだった (C)2019 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

「バチェラー」の根幹を揺るがすラスト

 「バチェラー」では、毎話バチェラーが女性にローズを渡す。このバラを受け取ったものは次のステージ(エピソード)に進み、渡されなかったもの、拒んだものは退場する。……というのが番組の基本ルール。渡せるバラは回を重ねるごとに減って行き、最後は1本だけになる。20人の中からたったひとりを選び抜く選択のゲームだ。

 しかしデートを重ねていく中で、バチェラーは視聴者の目から見てもあからさまなほど、女性の中のひとり・岩間恵に恋に落ちてしまった。そもそも初対面からずっと好印象だった岩間に対し、中盤から完全にマジ惚れモードに突入した。

 岩間、水田あゆみ、野原遥ら3人を残したエピソード10の友永家実家訪問回。父母兄にそれぞれ3人を引き合わせ、「正直、誰が俺に(結婚相手として)合ってると思う?」と家族に質問したバチェラーは、全員が「水田」と答えたことに「人を比較するってどうかと思う」と憤慨。「俺は恵がいいのに!」とカメラの前で不満を漏らしていた。

 家族も視聴者も「いや、お前が聞いたんだろうが!」と突っ込んだ瞬間だ。本来、「複数人の中から誰を選ぶか」という選択のゲームだったはずが、もはや彼の中では「岩間をどう選ぶか」というゲームに変わってしまっていた。

 あまりにも順当に岩間エンドでまとまりそうなところに、番狂わせが起こる。ついに岩間と水田の残り2人となった最終話(エピソード11)で、岩間がバチェラーに対し「恋愛的な意味で好きかわからない」と打ち明けるのだ。最終話にして振られた形になったバチェラーは、悩みぬいた末、水田にラストローズを渡す。恋する相手ではなく、愛してくれる相手。恋ではなく愛をバチェラーは選んだ――よかったよかったシーズン3完!

 とは終わらなかった。エピソード11のラスト、不穏な予告が流れる。11月1日配信予定だった「特別編その2」(エピソード12)の公開が急きょ10月25日に早まる。そして明くる25日に配信されたエピソードで、バチェラーは衝撃の告白をする。ラストローズを渡した水田と1カ月で別れ、さらに「今、岩間さんとお付き合いしている」というのだ

 えっ?

なぜファンは衝撃を受けたのか

 ラストローズを渡したあとも、バチェラーは岩間のことを忘れられなかった。水田と付き合って1カ月、バチェラーは「ケジメをつけるために」岩間に連絡を取り、結局やはり岩間のことが好きだと確認し、猛アタックを開始。渋っていた岩間も折れ、今では「放送中は考えすぎてしまってわからなかったけど、真也さんを愛している」のだという。

バチェラー 「流されやすい」と語っていた岩間。まさかこれが伏線だったとは……(事前のオフィシャルインタビューより)

 このファイナルエピソードが公開されて、SNSは荒れに荒れた。Twitterのトレンドには「水田さん」が瞬時に入った。友永と岩間のInstagramアカウントには批判コメントが殺到し、水田には励ましのコメントが押し寄せた。

 なぜ視聴者はこれほどまでに衝撃を受けたのか。撮影後すぐに別れたこと自体はそこまで大きな問題ではない。残念ながら、これまでのシリーズで結ばれたカップルは、いずれも配信終了後間もなく破局を発表している。それから、好きだった相手に未練を残すことや、愛ではなく恋を追いかけたくなることがあるのは、人間の気持ちとして当たり前だろう。

 ただバチェラー友永の行動は、「バチェラー」の根幹を覆すものだった。1本1本のバラが重く感じるのは、そこに「引き返せない」選択があるからだった。ラストローズの相手は、それ以外の19人との可能性を全て断った上で選ぶ相手だった。少なくともこれまでは。

 でも撮影後に、「やっぱり違う人がいい!」とLINEしてやり直せるのであれば、もうなんでもありじゃないか。最初期に落とした女性とくっつきなおすことだってできてしまうかもしれない。いつの間にか抱いていた番組への信用が、完全に茶番になってしまった。

 オーディション番組に例えるとわかりやすい(構造は似ているので)。オーディション番組の優勝者のデビューが決まるが、番組終了後に大人の事情で取り消しになり、代わりに番組の他出演者がデビューすることになったら「あの番組ってなんだったんだ?」となるのではないだろうか。

 いま、「バチェラー」ファンは、「この数カ月、なんだったんだ?」という裏切られたような気持ちを抱えている。我々は「バチェラー」を見ていると思っていたが、「人間・友永真也の恋物語」を見せられていたのだ。

「テラスハウス」を超えた「バチェラー」

 アマゾンジャパンはかなり初期からこの展開をちらつかせていた。キャッチコピーで「人間むきだし。」「前代未聞」「賛否両論」とあおる。MCをつとめる指原莉乃が叫んだ「私だったら訴えます」を予告で流す。駅広告では、バチェラーと女性たちが並ぶビジュアルが張り出されているが、その中に岩間と水田だけがいない。かなりネタバレ気味だった。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/22/news147.jpg つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  2. /nl/articles/2402/23/news013.jpg 生後3カ月赤ちゃん、人生初の証明写真撮影で“キメ顔”を披露! 撮影風景と仕上がりに「たまらん」「かわいすぎるー!」
  3. /nl/articles/2402/21/news158.jpg 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  4. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  5. /nl/articles/2402/10/news023.jpg 焼肉きんぐの会員ランク、「なんで警察なんですか」 SNSで注目の疑問、運営元に聞いてみた
  6. /nl/articles/2402/22/news035.jpg 歩けないカエルが3年間溜め込んだ“大”の量に爆笑!! 想像絶する規格外サイズに「思っていた10倍」「言葉を失った」
  7. /nl/articles/2402/23/news045.jpg チョコザップなのにジムがない!? まさかの“ジムなし”店舗に驚きの声 なぜなのかライザップに聞いた
  8. /nl/articles/2402/23/news008.jpg 7歳娘に将来の夢を聞いてみたら…… まさかの回答が爆笑必至「真面目に言ってるのが最高」「どんな夢でも応援します!」
  9. /nl/articles/2402/23/news014.jpg 産前・産後では、“友人の赤ちゃんとの初対面”が全くちがう? 別人のような変貌に「めっちゃ分かりすぎます」「爆笑しました」
  10. /nl/articles/2402/23/news055.jpg 川崎麻世、「相棒」共演していた“いつも優しい兄貴”と笑顔の再会 過去の“大失敗”にも肩たたき「人生そんな事もあるさ」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」