ニュース
» 2019年10月28日 19時52分 公開

マクドナルド「フィレオフィッシュ」が25年ぶりにリニューアル 魚の冷凍工程を2回から1回に削減

地味なようで大きい変化。

[宮原れい,ねとらぼ]

 日本マクドナルドは10月28日、創業時からの人気メニュー「フィレオフィッシュ」を25年ぶりにリニューアルすることを発表。10月31日までに全国の店舗で“新フィレオフィッシュ”に切り替わります。


フィレオフィッシュ 25年ぶり リニューアル マクドナルド フィレオフィッシュ

 1965年にアメリカで誕生した「フィレオフィッシュ」は、日本では1971年の創業時からレギュラー販売し続けているロングセラー商品。外はサクサク、中はしっとりふっくらな白身魚のフィッシュポーションに、チーズとタルタルソース、そしてふわふわのバンズが人気のバーガーです。

 今回のリニューアルでは、メイン食材「フィッシュポーション」の原材料であるアラスカ産スケトウダラを現地ですぐに処理&ブロック状に冷凍することで、冷凍工程を従来の2回から1回に削減。これにより、魚肉本来の見た目・食感・風味をより感じられるなど、おいしさが向上したとのことです。


フィレオフィッシュ 25年ぶり リニューアル マクドナルド 新パッケージ

 ちなみに上記の生産工程の見直しにより、解凍用の水の削減や電力削減など、環境への負担軽減効果も。また生産工程全体での「MSC CoC 認証」(※)を取得し、新パッケージにはMSC認証の証である「海のエコラベル」が表示されます。こちらは12月末までに順次切り替え予定。詳しい「食材の道のり」は公式サイトでも公開中です。

※MSC CoC認証……認証水産物が海から食卓まで遡ることができるということを保証するもの



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.