ニュース
» 2019年11月01日 19時30分 公開

秋葉原の変化に戸惑う漫画「私の街 秋葉原」に共感の声 「あの電気街も今や外国人に人気の観光地」

明治までさかのぼれば青果市場ですしね……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 秋葉原という街の姿を1990年代から振り返り、その変容に戸惑うオタクの心情を描く漫画「私の街 秋葉原」が、Twitterで共感を呼んでいます。言われてみると、街の変化から時の流れや己の老いなどが感じられる。


アイキャッチ 秋葉原をひとくくりに“オタクの街”と捉えても世代間でズレはあるし、なんならハルヒブームも10年以上前のことだ

 漫画は投稿主の牛帝(@gyutei_4koma)さんが2017年から公開している、中年男性を少女として描く漫画『中年男子の日常』の一編。主人公が小学生だった1993年ごろから始まります。

 当時の秋葉原は、ジャンク屋には格安のPCが並び、ゲームショップでは地方では見かけないマニアックなタイトルが見られ、ゲーセンの対戦台にはつわものが集結。この街を主人公は「私のための街」と呼び、嬉々として楽しんでいます。「濁った空気を吸うと細胞が活性化するわ〜」……ちょっと分かる。


1P ※右下に描かれている書泉ブックタワーは、正確には1994年開店

 時は流れて2000年。17歳になった主人公は、相も変わらず秋葉原に通っています。大きな看板には人気の「でじこ」が描かれ、同人界隈や書店も大盛況。秋葉原はまだ作者にとって“私の街”でしたが、ジャンク屋に欲しい物はなくなりつつあって、少々物足りなさを感じるようにもなっていました。


2P

 さらに時は過ぎて2007年、主人公はエターナルに17歳。ただ、ゲームやPCからは距離を置いていますし、本もネット通販で手軽に買えるようになって、秋葉原に来ても行きたい場所は同人ショップくらいしか残っていませんでした。


3P

 ふと公園付近を通ると、そこにはオフ会でハルヒダンスを踊る一団が。“オタクの街”であることに変わりはないものの、自分とは違った層のオタクが現れていて、主人公は「アキバはもう……私の街じゃないのかもな……」と、少し寂しそうにつぶやきます。

 そして2017年、主人公はなおも17歳。街は外国人観光客でにぎわうようになりました。作者は10年前と同様に同人ショップに足を運びますが、同人誌の表紙を見ても絵柄やキャラクターの区別がつかなくなっている自分に気付いてしまいます。


4P

 最近はあまりアニメも見ておらず、「もはやオタクを名乗れるのかすら怪しい」と、ため息をつく主人公。自分や世間の変化を認識して困惑しながらも「そういうものなんだろう」と受け入れ、せっかく東京まで来たのだからと、神保町へ足を伸ばすのでした。


5P

 漫画には「ここ数年ずっと同じことを考えていた」「最近は毒気がなくなった」など、共感の声が多数。「トイレに行きたくなったらラオックスのザ・コン館に……」「昔は飲食店が少ないし、6時を過ぎると大半の店が閉まっていたものだった」など、往時の秋葉原をしのぶ声もみられます。


 その一方で、「電子部品屋がある限り秋葉原は私の街だ」「変化してもアキバはアキバ」「移り変わりが激しい街なので、この変化自体を楽しみたい」といった意見も。もっと時代をさかのぼれば青果市場だったわけですし、人それぞれの“私の秋葉原”があるということなのでしょう。


作品提供:牛帝(@gyutei_4koma)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.