迫力満点 京都・大将軍商店街の妖怪パレードが“ガチ”すぎると話題 誕生の背景を聞いた

100体を越える妖怪を目撃する一夜……。

» 2019年10月31日 19時00分 公開
[谷町邦子ねとらぼ]

 夜の街を歩く妖怪パレードの写真が、「雰囲気ある」「幻想的」「実際に見てみたい」と話題になっています。これは大人も圧倒される迫力……!

 フォトグラファーの矢杉佳一郎(@KeiichiroYASUGI)さんが「本物志向」「大人の方が楽しめるかも」「泣き叫ぶ子供もおります」とパレードの写真を投稿。“本物”が混ざっていても気づかなそうな本格的な仮装パレードの様子は、Twitterで10万件を超える「いいね」を集めました。

 パレードの正体は、大将軍商店街(京都市上京区)を妖怪の仮装で練り歩く「一条百鬼夜行(ひゃっきやぎょう)」。2019年は10月19日に開催されました。


一条百鬼夜行 夜の大将軍商店街を妖怪に扮して練り歩く(画像提供:矢杉佳一郎(@KeiichiroYASUGI)さん)


一条百鬼夜行 「見越し入道」子どもじゃなくても、夜遭ったら泣いてしまいそう(画像提供:矢杉佳一郎(@KeiichiroYASUGI)さん)


一条百鬼夜行 「本当に人間入ってる?」と思うほど精巧な造り(画像提供:矢杉佳一郎(@KeiichiroYASUGI)さん)


一条百鬼夜行 なんとも言えない表情の「鬼女」(画像提供:矢杉佳一郎(@KeiichiroYASUGI)さん)

 このユニークなイベントは、いったいどんなきっかけで行われるようになったのか。そして百鬼夜行だけに、妖怪は100体いるのか。大将軍商店街「一条妖怪ストリート」のプロデューサーであり、嵯峨美術大学の専任講師でもある河野隼也(こうのじゅんや)さんにお話を聞きました。


一条百鬼夜行 たぶん人間(のはず)! プロデューサーの河野隼也さん(画像提供:大将軍商店街、以下同)

はじまりは商店街のピンチから

 「一条百鬼夜行」が行われる大将軍商店街は、およそ400メートルにわたって商店が並び、市内北西部の商業地として発展してきました。しかし近くに大きなスーパーマーケットができてから、客足が遠のいてしまったそうです。

 商店街の人たちは危機感を持ち、商店街にある食堂に通う歴史に詳しい常連さんの「かつて、大将軍商店街を通る一条通りで、百鬼夜行という妖怪の大行列が行われていた」という言葉を頼りに、「妖怪ストリート」と銘打って、商店街の活性化を図ります。そして2005年、商店街にある大将軍神社の秋祭りの前夜祭で、「妖怪仮装行列」をすることに決めました。


一条百鬼夜行 古くなって捨てられた道具が、人間を恨み妖怪化

 「当時、僕は嵯峨美術大学の学生で、町おこしの取材のため大将軍商店街を訪れたのですが、商店街の人から話を聞くうちに、スタッフとして参加することになりました」(河野さん)

 子どもの頃から妖怪好きだった河野さんは大学の後輩を30人集め、妖怪の衣装やお面を制作。当日は妖怪の仮装をして歩きました。 


一条百鬼夜行 京都の一条通りを歩く、百鬼夜行に

100人を越え、増え続ける参加者

 妖怪仮装行列は第1回目から大盛況。メディアに取り上げられ話題となりました。翌年の2回目から「一条百鬼夜行」という名前になり、2008年の第4回目からは嵯峨美術大学の学生だけでなく、一般の人も仮装行列に参加できるように。2009年からは妖怪をテーマにしたアートフリーマーケット「モノノケ市」も開催されるようになりました。


一条百鬼夜行 知名度や人気の高まりで、公募制が始まった2008年。

 「回を重ねるごとに『私たちも参加したい』という人が増えていったので公募制にしました。第5回(2009年)から参加者は100人を超えました。第15回の今年は約130人です」(河野さん)


一条百鬼夜行 マスコットキャラクター「夜行童子」。百鬼夜行を復活させるべく暗躍しているという

ド迫力の百鬼夜行はこうしてできた!

 さて、子どもが泣くほど迫力のある百鬼夜行の仮装行列はどのようにつくられたのでしょうか。

 「一条百鬼夜行は室町時代にできた『付喪絵巻(つくもえまき)』という物語をモデルにしているので、もともとの古風なイメージを大事にしたいと思いました」(河野さん)


一条百鬼夜行 妖怪サークル「百妖箱」は、お面や衣装の製作、仮装行列でも大活躍

 一般参加者はアニメのコスプレ風の仮装が多い傾向なので、行列の雰囲気を統一するため、2008年に河野さんが立ちあげた嵯峨美術大学の妖怪サークル「百妖箱」のメンバーが、伝統的なスタイルの妖怪の仮装で参加し、全体のバランスを取っているとのこと。「百妖箱」はお面や衣装も製作しています。


一条百鬼夜行 行列全体の雰囲気に統一感を持たせるため、参加者は事前に「妖怪度審査」を受けるそうです

 また、「百鬼夜行」だけに参加者は100人以上になるようにしていて、定員は120人。「百妖箱」のメンバーで人数を調整しているのだそうです。


一条百鬼夜行 「百妖箱」が手掛けた衣装

長く参加し続ける人、他府県から駆けつける人

 「一条百鬼夜行」に参加するのは「百妖箱」の他、立命館大学をはじめ関西の学生の和太鼓サークル「和太鼓ドン」のメンバーが演奏しながら参加者と一緒に歩きます。一般の参加者は大人が多く、親子で参加する人もいます。


一条百鬼夜行 歩く人も、見る人も百鬼夜行をエンジョイ!

 「小学生から参加していた大阪の子が、成長して大学生となり『百妖箱』のメンバーとして運営に携わってくれています」(河野さん)

 他府県の参加者もおり、2019年は「酒天童子の出身地」新潟県燕市から鬼の仮装で参加した人も。「実は9月の末、燕市で行われた『越後くがみ山酒呑童子行列』で『百妖箱』が作った衣装を使ってもらえたので、妖怪による町おこしのコラボになったんですよ」と河野さんは語ります。


一条百鬼夜行 今年(2019年)の参加者、勢ぞろい。右端に「酒呑童子行列」の赤いのぼりが

商店街の「ピンチ」とは……? 「一条百鬼夜行」は見られなくなるのか

 ところで、今年の「一条百鬼夜行」ポスターには「主催の大将軍商店街がピンチ」と書かれており、どのようなピンチに見舞われているのか気がかりです。果たして、今後も百鬼夜行は見られるのでしょうか。


一条百鬼夜行 「絶滅危惧種 百鬼夜行」! ただごとではない雰囲気がひしひしと伝わります

 「イベントの運営は商店街の負担が少なくなく、毎年赤字でした。今年から僕も商店街に『京都一条妖怪雑貨 百妖堂』(妖怪グッズショップ)を構えたのですが、商店街の一員として参加することで、より財政的な厳しさを実感するようになったんです」(河野さん)


一条百鬼夜行 募金で「一条百鬼夜行」をサポート! これからもずっと怖がらせてね

 そこで、2018年から行っていた募金を、ポスターでも呼びかけるなど本格化。おかげで2019年は赤字を回避できたといいます。2020年の「一条百鬼夜行」は10月17日に開催される予定。これからもずっと、たくさんの人を楽しませたり、怖がらせたりし続けてほしいです。

2014年の「一条百鬼夜行の様子」。お囃子が流れ、妖怪たちが動きます!

(谷町邦子 FacebookTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  2. /nl/articles/2405/23/news036.jpg 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  3. /nl/articles/2405/24/news143.jpg 清原翔、約4年ぶりの“顔出しショット”が雰囲気変わりすぎて「別人みたい」 脳出血&3回手術後初のヒゲ解禁姿に「ポニテかわいい」「いい感じにダンディ」
  4. /nl/articles/2405/24/news017.jpg 猫の見た事ない姿に「未だかつてこれ以上の2度見は見た事がありません」「可愛すぎて10回見た」 爆笑の瞬間が640万再生
  5. /nl/articles/2405/23/news204.jpg 「天才現る」 “富士山ローソン”を迷惑かけず撮影できる!? “持ち運べるローソン”が「商品化して」と話題
  6. /nl/articles/2405/24/news135.jpg “元めちゃイケ”三中元克、卒業後8年で見た目もスキルも「別人レベル」になっていた “クビ体験”披露する貫録たっぷりの姿に共演者「元力士」「迫力ある」
  7. /nl/articles/2405/24/news128.jpg hitomi、48歳を迎え“急激な変化”に驚き 「少ないと思っていたんだけど」「48歳だもんね〜」
  8. /nl/articles/2405/24/news020.jpg 1歳妹の「いってらったぁい」に小学生兄がもん絶して…… かわいいが連鎖する朝の光景に「かぁぁぁって声でた」「朝からホンワカ」
  9. /nl/articles/2405/24/news026.jpg 「そんなバカな」 喫茶店で“ウインナー・コーヒー”を注文→出てきた予想外の商品に驚がく「ちょっと動揺」
  10. /nl/articles/2405/22/news098.jpg 「最高過ぎる」「すげー!」 ChatGPTに“手書きメモ”をアップすると…… 仕事がはかどる“衝撃の機能”に歓喜の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評