ニュース
» 2019年10月31日 11時50分 公開

全長約120mの等身大ゴジラを使ったアトラクションが淡路島に誕生! ニジゲンノモリ「ゴジラ迎撃作戦」2020年夏オープン

ゴジラの体内に入ることができるアトラクション!

[Kikka,ねとらぼ]

 兵庫県淡路市にあるテーマパーク「ニジゲンノモリ」と東宝は10月31日、全長120mの等身大ゴジラを使ったアトラクション「ゴジラ迎撃作戦〜国立ゴジラ淡路島研究センター〜」を2020年夏ごろにオープンさせると発表しました。等身大ゴジラを用いたアトラクションはこれが世界初。


ゴジラ ニジゲンノモリ 初お披露目された「ゴジラ迎撃作戦〜国立ゴジラ淡路島研究センター〜」のイメージ

【公式】『ゴジラ迎撃作戦 〜国立ゴジラ淡路島研究センター〜 』スペシャルムービー|ニジゲンノモリ 新アトラクションエリア

 「ゴジラ迎撃作戦〜国立ゴジラ淡路島研究センター〜」は、淡路島に上陸した世界最大の等身大ゴジラをテーマにしたアトラクションで、参加者は国立ゴジラ淡路島研究センターの一員として、活動停止中の“ゴジラの体内”へ口からジップラインで突入したり、飛散したゴジラ細胞をせん滅する「シューティングゲーム」などのミッションに挑戦したりするというもの。


ゴジラ ニジゲンノモリ

ゴジラ ニジゲンノモリ 参加者は口からゴジラの体内へと入っていく……!

 ニジゲンノモリの代表取締役の貞松宏茂さんは会見で「(参加者が突入するゴジラは)高さ20メートル、長さが55メートル、横幅が25mと世界に類をいないものになると思います」とコメント。「日本のみならず海外からも多数のお客さまにお越しいただけるのではないかと考えております」と展望を語りました。

 また東宝の取締役でチーフ・ゴジラ・オフィサー(CGO)の大田圭二さんは、「新宿のゴジラヘッドは地上から50メートルのところにありまして、これは初代ゴジラの大きさです。一方今回はゴジラをモデルに118.5メートルというモデルの大きさを誇るなど、圧倒的なスケール、迫力を真に感じていただけるのが見どころです。またオリジナルストーリーの部分も非常によくできており、ゴジラの口に入っていくのが恐ろしいというのではなくて、活動停止をしているゴジラをみんなで監視している。だからゴジラの体内に飛び込んでいこうという挑戦のストーリーとなっています」と注目のポイントを語りました。


ゴジラ ニジゲンノモリ 東宝の取締役、大田圭二チーフ・ゴジラ・オフィサー(左)とニジゲンノモリの貞松宏茂代表取締役(右)

ゴジラ ニジゲンノモリ アトラクションについての見どころを語る大田取締役

 またねとらぼ編集部から「ニジゲンノモリにゴジラを誘致することを決めた最大の決め手は」と聞かれると貞松社長は、「ゴジラは映画だけでも29本が公開されており、劇場版のアニメのゴジラまで制作されるなど幅広い年代に支持されています。これだけ幅広い年代、そして世界に発信できるコンテンツはないと感じており、ニジゲンノモリのオープン当初から『ゴジラとともに』という思いがありました。(世界で)一番大きく、一番迫力のあるものを作らせていただきます!」と笑顔を見せました。


ゴジラ ニジゲンノモリ ニジゲンノモリについて「ここに来れば日本のクールジャパンコンテンツに触れられるというのを目指している」と語る貞松社長

「ゴジラ迎撃作戦〜国立ゴジラ淡路島研究センター〜」オリジナルストーリー

 伝説とされていたゴジラの姿が初めて確認されたのは明治の初め、淡路島を台風が襲った夜のこと。高波とともに姿を現したゴジラは島内を蹂躙し、甚大な被害をもたらし、政府はゴジラの再度の襲撃に備えていた。

 そして恐れていたことが現実になり、ゴジラが再び淡路島に上陸、政府は直ちに対応を始めた。ゴジラをニジゲンノモリまで誘導し、地中に仕掛けた爆薬でゴジラの動きを封じ、その口に薬剤を搭載したミサイルを撃ち込むと、ゴジラは活動を停止した。

 現在は国立ゴジラ淡路島研究センターの監視下に置かれているが、ゴジラはあくまでも活動を停止しているのみで、いつ動き出すかわからない。その行動を監視するため、皆さんの力が必要だ。


ゴジラ ニジゲンノモリ

ゴジラ ニジゲンノモリ

ゴジラ ニジゲンノモリ

ゴジラ ニジゲンノモリ

ゴジラ ニジゲンノモリ

ゴジラ ニジゲンノモリ

ゴジラ ニジゲンノモリ

イメージ


ゴジラ ニジゲンノモリ

ゴジラ ニジゲンノモリ

ゴジラ ニジゲンノモリ

ゴジラ ニジゲンノモリ

ゴジラ ニジゲンノモリ

TM&(C)TOHO CO.,TTD.

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」