ニュース
» 2019年10月31日 12時01分 公開

冬の「コミックマーケット97」、リストバンド型参加証の運用が変更 当日販売は1000円に値上げ

夏コミ3日目に発生した大混雑を鑑みての変更。当日購入の場合、入場の順序が遅れる場合もあるとのことです。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 東京ビッグサイトで12月28日から31日まで開催の、「コミックマーケット97」(C97)におけるリストバンド型参加証の仕様が発表されました。前回(C96)の3日目の入場時に発生した混雑を考慮して運用を一部変更したとのことで、入場時のルールが大きく変わっています。


コミケ 事前購入を強く推奨しています

 リストバンド型参加証は、サークルスペースのある西・南展示棟(有明会場)および、更衣室等で利用するTFT会場への入場に必要となります(青海展示棟の企業ブースでは不要)。1日ごとのバラ売りの場合、事前販売価格(一部書店)は550円、当日販売価格は1000円。会場内で翌日以降の分を購入することもできます。

 また、12月7日発売の冊子版カタログ(書店販売価格2750円/当日販売価格2200円)には4日分の参加証が付属。ただし、12月14日発売のDVD-ROM版カタログ(書店販売価格2500円)には付属しません。


コミケ C96では、参加日ごとに異なる4色が用意。C97でも、色は日替わりとなります

 C96のときと比べると、参加証4日分の価格は200円程度の値上げ。バラ売り価格については、事前販売分が540円から550円への、消費税増税分相当の値上げに留まったのに対し、当日分は500円から1000円へ倍増しています。

 そして、事前購入者と当日購入者で入場列は分けられることになりました。当日分の販売所は一般入場待機列から離れた場所に設置され、当日購入者は入場順が遅くなる場合もあるとのこと。グループで来場した人たちが参加証の有無で別々に誘導されるケースなども考慮して、運営は事前購入を強く推奨しています。

価格は全て税込



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.