ニュース
» 2019年11月02日 12時40分 公開

“推し”の目と同じ色のビーズを見るとオタクは泣く…… アクセサリーのプロに「イメージアクセ」の作り方を聞いてみた(1/3 ページ)

泣けるアクセってなんだろう……と思っていましたが、泣けました。

[小林夏帆ねとらぼ]

 好きなキャラクターや映画、実在の人物まで、さまざまなモチーフをピアスやネックレスなどに落とし込んだ「イメージアクセサリー」。最近は、より自分にあったデザインにするため、ハンドメイドする人も増えています。数多くのオーダー会を行い、たくさんのイメージアクセサリーを作ってきたアクセサリーブランド「新星急報社(しんせいきゅうほうしゃ)」さんに、自分でイメージを形にするコツを教えてもらいました。

 「新星急報社」は、文学をテーマにしたハンドメイドアクセサリーブランド。ランダムな結果の診断や文章を自作できるWebサービス「診断メーカー」で生成した短文をもとに作るアクセサリーや、著作権の切れた文芸作品をモチーフにしたアクセサリーなどを制作している“イメージアクセサリーのプロ”です。

 また、お客さんの好きなものをヒアリングして作るオーダー会も人気です。オーダー会を告知した漫画はTwitterで1000回以上リツイートされているほか、参加者のブログ記事やSNSなどに書かれたオーダー会の感想と作品も注目されています。

新星急報社マンガ オーダー会を告知した漫画
新星急報社マンガ
新星急報社マンガ
新星急報社マンガ

イメージアクセサリーを作るって、どんな感じなの?

――今日は自分でイメージアクセサリーを作るためのコツをお伺いしたいと思っています。そもそも、「イメージアクセってどうやって作っているの?」というところからうかがいたいです。

 私がやっているオーダー会では、お客さまの好きなように、好きなものについて語ってもらって、そこからデザインを膨らませていきます。最近は、自分の応援する“推し”の話を聞かせてくださる方が多いですね。“推し”も、実在する人物から、既存の物語を自分の納得いく形に収束させるために作ったオリジナルキャラクターまで、さまざまなタイプがいます。推しの写真やイラストを持ってくるかたはもちろん、推しを紹介するための資料をパワーポイントで作ってくる方もいますよ。

――パワポですか? そんな、会社のプレゼンみたいな……。

 オーダー会を1回やったら、パワポなどの画像入り資料を作ってくる人は必ず1人、平均で3人くらいいます。プレゼン資料のように、自分が推しの好きだと思っている所を箇条書きにしてもらうのは、イメージアクセサリーのデザインを考える上でとても役に立ちます。

 思いつくままに「好きポイント」を箇条書きにしたあと、その中で特に自分にとって大事なことをピックアップして、それをもとに色選びやパーツ選びをするのがおすすめです。推しのどこがどう好きなのか、ゆっくり考えてみると、発見があるかもしれません。

オタクは推しの目と同じ色のビーズを見ると泣く

――推しの好きな所って多すぎて、選ぶのが大変そうです。

 そういう場合は、自分が好きになったきっかけを思い出すのもいいですよ。その人を初めて見たときに、どこに一番目がいったか、といった所からモチーフを探すこともできますよ。

――なるほど、そういったところからデザインを膨らませていくんですね。

 そうですね。人物をイメージしたイメージアクセサリーのデザインで多いのは、推しの「目の色」を取り入れたデザインです。私はオーダー会の際には、同じ形のビーズを色違いでたくさん持っていくのですが、机に並んだビーズを一目見て「これ、推しの目の色と同じだ……!」と涙を流される方もかなり多いです。あと、髪の毛の色でもオタクは泣きます。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/22/news147.jpg つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  2. /nl/articles/2402/23/news013.jpg 生後3カ月赤ちゃん、人生初の証明写真撮影で“キメ顔”を披露! 撮影風景と仕上がりに「たまらん」「かわいすぎるー!」
  3. /nl/articles/2402/21/news158.jpg 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  4. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  5. /nl/articles/2402/10/news023.jpg 焼肉きんぐの会員ランク、「なんで警察なんですか」 SNSで注目の疑問、運営元に聞いてみた
  6. /nl/articles/2402/23/news045.jpg チョコザップなのにジムがない!? まさかの“ジムなし”店舗に驚きの声 なぜなのかライザップに聞いた
  7. /nl/articles/2402/22/news035.jpg 歩けないカエルが3年間溜め込んだ“大”の量に爆笑!! 想像絶する規格外サイズに「思っていた10倍」「言葉を失った」
  8. /nl/articles/2402/23/news008.jpg 7歳娘に将来の夢を聞いてみたら…… まさかの回答が爆笑必至「真面目に言ってるのが最高」「どんな夢でも応援します!」
  9. /nl/articles/2402/23/news080.jpg 武尊、キックボクシング世界王者との激闘でヒザを2カ所骨折 対戦直後には強烈ローキック受けた脚が腫れ上がる
  10. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」