ニュース
» 2019年11月04日 20時00分 公開

「え、何が起こったニャ?」 勇敢なネズミの反撃にぼうぜん自失の猫が「トムとジェリー」のよう

勝負に“絶対”はないのだから。

[春夏冬つかさ,ねとらぼ]

 追いかけていたネズミからまさかの反撃をくらった猫のあっけにとられる姿がYouTubeで公開されました。勇敢なネズミと怖がりな猫の対比に、クスッと笑ってしまいます。



 猫といえば、ネズミを狩るために飼われはじめた歴史があるほど、その狩猟能力には定評があります。「野生どこいった」と思うようなのんびりした性格の家猫ちゃんでさえ、素早く動く物体を見ると目がらんらんとしはじめますよね。

 動画の猫も例にもれず狩猟本能全開で、腰を低くして忍び足でそろりそろりとネズミに近づきます。ネズミは猫の存在に気付いているようで、道の端にある狭い溝に一瞬その身を隠しますが、逃げ場がなかったのでしょう。決死の覚悟で猛ダッシュ。

 しかし、待ち構えていた猫を振り切れないと悟ったのか、身を翻してジャンプ! ジャンプ! ジャンプ!! これには猫もビックリして後ずさりしてしまいます。


トムジェリ あと少し!

トムジェリ 「狩らせねえよ!」

 ネズミが去ってしまうと、猫はネズミが来た元の道を振り返って「ネズミがあっちから来て、それを捕まえようとして……え、何が起こったの?」と困惑している様子。

 耳が寝て尻尾が落ちているので、狩りが失敗して落ち込んでいるのかもしれません。撮影者も思わぬ出来事に笑ってしまいました。


トムジェリ 何が起こったのかニャ……

 コメント欄には「『トムとジェリー』みたい」「これがネズミだ!」「怖がりね(Scaredy-cat)」などの声が見られました。

春夏冬つかさ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響