ニュース
» 2019年11月05日 07時30分 公開

レジでコーヒーブレイク!? 旅先で見かけたゆるく働く人を描いた漫画 日本の働き方との違いにビックリ&ほっこり

心に余裕をもって仕事できたらいいな。

[林美由紀,ねとらぼ]

 レジでコーヒーブレイク、ホテルのカウンターでのんびりご飯――海外で見かけたゆるい働き方をしている人たちを描いた漫画が人気を集めています。


海外のゆるい働き方05 のんびりした働き方

 さまざまな国を旅している作者の低橋(@hikuhashi02)さんが、旅先で見たゆるい働き方をしている人をレポート。トルコのあるホテルのレセプションでチェックインをお願いしたところ、ラップサンドのようなものを食べ、のんびりと手を拭き、飲み物を飲むホテルの人。そんな一連の動作が終わった後に「何?」と笑顔で一言。低橋さんは「チェックイン」とあらためて伝えます。のんびりした時間が流れてる〜!

 またあるツアー会社のエピソードでは、子連れのデスクの人にツアーを頼むも、赤ちゃんをあやしているうちに「何だっけ?」。ここにものんびりした時間が! 対応してもらえていないにもかかわらず、赤ちゃんにほっこりしている低橋さんが優しい。


海外のゆるい働き方01 チェックインをお願いしたけど時は流れる


海外のゆるい働き方02 ツアーをお願いしたけど赤ちゃんと戯れていたら時は流れる

 そしてドイツのレジでは、混んでいる中で店員さんが「ピンポーン」とチャイムを鳴らします。応援を呼んだのかと思いきや、やって来た人が持ってきたのはコーヒー。突然のコーヒーブレイク発動! 

 最後に、インドの山越えバスでは、集金係さんが突然バスを止めて、外に降りて枝を持ってきて、乗客とみんなでその実を食べたということもあったのだそうです。じ、自由だ……。


海外のゆるい働き方03 ドイツのレジの「ピンポーン」は応援を頼んだのではないらしい


海外のゆるい働き方04 バスを停めて実を取りに行く集金係さん

 低橋さんに旅の思い出を聞いてみたところ、訪問した国の中でも東南アジアにはのんびりした国が多く、とても好きな雰囲気だったとのこと。時間の管理やサービスに厳しい日本ではなかなか難しいことばかりですが、こんなのんびりした時間を過ごせたら……と少し憧れます。

 読者からは「東南アジアとかだとお店のレジの中のエリアにベビーベッドがあって、子供の面倒みながらお会計や接客する店員さんとかたくさんいますね」「ドイツのレジの人が座ってるの良いですね、確かにずっと立ってる必要ないですもんね」「特に命の危機とか関係ない場所では、まさに理想のほっこり社会ですねぇ」など体験談や共感のコメントが集まっています。

画像提供:低橋(@hikuhashi02)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.