生後5日で里子に出した13歳の娘からの「会いたい」という連絡 うろたえる相談者の本音は……「テレフォン人生相談」先週のハイライト(1/2 ページ)

「会いたくない」。

» 2019年11月05日 11時25分 公開
[北村ヂンねとらぼ]

 子ども、孫、甥など、親族に関する悩みが多かった。「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜 配信)先週のハイライト。今回ピックアップしたのは10月29日(火)放送の今井通子パーソナリティー回。かつて里子に出した娘から「会いたい」という連絡をもらった相談者。会うべきか、会わないべきか悩んでいるようだが……。


テレフォン人生相談 パーソナリティ:加藤諦三(評論家)、今井通子(作家・登山家)、ドリアン助川(作家・ミュージシャン)、柴田理恵(女優・タレント) イラスト/北村ヂン

里子に出した娘から「会いたい」との連絡が

 相談者は45歳の独身女性。同棲中の彼氏が50歳。かつて里子に出した13歳の娘がいる

 「里子に出した子どもから『会いたい』と言われまして、会うべきかどうか悩んでおりまして……」

 相談者は30歳の時に離婚をし、その後に知り合った男性と付き合って妊娠。「これで結婚ができる」と思っていたものの、中絶手術もできないような段階になって「実は結婚しているんだ」と言われたという。

 自分ひとりで育てていくことは難しい状況だったため、NPO団体に手伝ってもらい、生後5日の娘を里子へ出すことに。

 それ以来、ずっと連絡を絶っていたのだが、最近になってその団体を通じて「こういう風に(会いたいと)言っているんですが、どうですか?」と連絡が来たという。

 「あちらの家庭のことは何も分からないですが、きっとすごく幸せに育ってきたんだと思うんです。何がきっかけで産んだ親に会いたいと思ったのか分からないですが、会うことで今のあちらの環境に、何か変化が起きてしまうのではないかという懸念がありまして……」

 ここまで聴いた段階だと、事情があって娘を里子に出してしまった母親が、本当は会いたくて会いたくて仕方がないのだけれど、「娘や里親のことを思えば会わない方がいいんじゃないか」と悩んでいる。……そんな相談に思える。

 ただ、娘を引き取って育てている里親の方も、「里子であるということを隠すつもりはないです」と語っており、娘が産みの親(相談者)に会うことも了承済みなのだという。

 だったら、相談者が気にすることはないように思えるが。

 「会いたくないと言えば嘘になるんですが、会ってしまうことであちらが変わるのも、こちらが変わってしまうのも……」

 「こちらも変わりたくない?」

 ちょっとニュアンスが変わった。この相談者、ストレートに娘のことを考えて「会おうか、どうしようか」と言っているわけではなさそうなのだ。

アナタ、自分で答え出されていたね

 この日のアドバイザーは幼児教育研究の大原敬子。いつも以上にグイグイ突っ込んで、相談者の本音を引き出していく。

 「『会うべきか?』っていうのは、お子さんの立場を考えて会うべきかって言ったのか、自分サイドのことを考えて迷っているのか、これどちらですか?」

 「どちらもです」

 「いや違いますね

 自分でたずねておきながら、相談者の返答を認めないキビシイ追求!

 「どちらの方に比重を置いてます? 自分サイドですか、お嬢さんですか?」

 「どちらでしょう……言われると、自分かも知れません」

 「その言葉をね、ストレートに取ってしまうと、娘さんは捨てられたと思いますよね」

 会うか会わないか悩んでいるのは、自分の方の事情だと認めた相談者。大原は、そのへんの事情をやんわりとNPO団体や里親に伝えるべきではないかと提案するが、相談者は「私には会う資格がないので」などと話を濁す。

 「会う資格がない云々は向こう側が決めることであって、アナタじゃないんですよね」

 ああだこうだと言いながら、結局「娘と会いたくない」空気を出してくる相談者。少しだけでも、会うだけ会えばよさそうなもんだが……どんな事情があるのだろうか?

 「今のパートナーは(娘のことを)知らないんですか?」

 「まったく知らないです」

 ここだ! パートナーとどの程度の関係なのかは分からないが、娘や里親とやり取りすることによって、そのことがパートナーに知られてしまったらと思うと……そりゃ会うわけにはいかない。


テレフォン人生相談 相談者の返答を簡単には認めないキビシイ追求! イラスト/北村ヂン

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/18/news026.jpg 赤ちゃんがベッドから落ちた!?→あわてて行ったママが見たものは…… “うそだろ?”な衝撃寝相に「面白過ぎるやめてww」
  2. /nl/articles/2406/18/news167.jpg 人気グラドル、合成なしでヨルさんキックを完璧再現 「エナコ・フォージャー良き」「そこまで脚が上がるのがすごい」
  3. /nl/articles/2406/17/news153.jpg 数学科が切った“大小バラバラ”なピザ→わかる人にはわかる「有名定理」の再現に反響 「全然わからん!!」「声出して笑ったw」
  4. /nl/articles/2406/16/news013.jpg 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2406/17/news029.jpg 超ロングくせ毛の小学5年生が、人生初ヘアカットをしたら…… “まるで女優さん”な激変に「めっちゃかわいい」「ストレートもウェーブもできるなんて」
  6. /nl/articles/2406/18/news009.jpg イギリスから来た両親が、初めて孫と対面して…… 感動と幸せいっぱいのリアクションに「泣いちゃいました」「最高の言葉ばかり」
  7. /nl/articles/2406/18/news108.jpg 人生正直諦めた……竹原慎二、「死を覚悟の大病」から10年で“2000万円の高級外車”を購入 10台以上乗り換えも「1番気に入ってるね」
  8. /nl/articles/2406/18/news012.jpg ママとまだ遊んでいたい赤ちゃん→必死で眠気と戦うが…… 眠りに落ちていく姿に「ママの手の魔法にはかなわない」
  9. /nl/articles/2406/18/news145.jpg 「気になるw」 大谷翔平、新ユニフォーム披露も…… “まさかの箇所”に注目集まる「全然気付かなかった」
  10. /nl/articles/2406/18/news052.jpg 「くそっ。こんなので」「ゲラゲラ笑ってる」 風情がなさすぎる“カスの枕草子”が目撃され話題に
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」