ニュース
» 2019年11月05日 16時35分 公開

NTT、株主にdポイントを進呈 株式分割も発表

中長期保有の株主増加が狙い。

[ねとらぼ]

 日本電信電話(NTT)は11月5日、株主にdポイントを進呈すると発表しました。中長期的に株式を保有する株主の拡大が狙いで、同時に1株につき2株の株式分割も発表しています。

フォト dポイント進呈と株式分割の概要(決算発表資料より)

 dポイントの進呈は、3月31日を基準日とし、NTT株の保有期間が2年または5年に達した株主1人につき、2年目は1500ポイント、5年目は3000ポイントを進呈するという内容です。基準日に100株以上を保有している株主が対象です。

 初回は2020年3月31日が基準日となり、保有期間が2年以上5年未満の株主には1500ポイント、5年以上には4500ポイントを進呈するとのことです。

 株式分割は、19年12月31日(実質的には30日)を基準日とし、20年1月1日を効力発生日として、普通株式1株につき2株の割合で分割するものです。

 NTTの株価(11月5日終値)は5568円。1単元=100株なので最低購入代金は55万6800円ですが、分割により、1単元の最低購入代金は単純計算で27万8400円となります。実際には分割後の株価状況次第ですが、現在より購入しやすくなりそうです。

フォト NTTの株価推移(Yahoo!ファイナンス

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.