ニュース
» 2019年11月08日 12時00分 公開

便利と話題の「おうちでつくる同人誌プロジェクト」 キヤノン担当者に開発秘話を聞いたら、同人誌なみのアツい回答が返ってきた(1/3 ページ)

見れば見るほど同人作家のしわざ。

[小林夏帆,ねとらぼ]

 プリンターやカメラを販売するキヤノンの「おうちでつくる同人誌プロジェクト」が「便利すぎる」「同人作家のことを分かりすぎている」とSNSで話題です。なぜ、こんなに同人作家に寄り添ったサービスができたのか、プロジェクトメンバーの方に聞いてみました。

おうちで作る同人誌 サイトやTwitterの随所に登場する、同人作家の黄色いねこちゃん。社内では「おうちのネコ」と呼ばれているそうです

 「おうちでつくる同人誌」プロジェクトは、その名の通り、キヤノンの家庭用インクジェットプリンターを活用して、お家で同人誌を作れるサービスを提供するプロジェクト。2018年からプロジェクトを公開しています。

 公式サイトでは、キヤノンのプリンターを使って簡単に同人誌の印刷ができるソフトや、同人誌即売イベントで必要なポスターや値札のテンプレートなどを無料で配布しています。

おうちでつくる同人誌 同人誌印刷ソフト「Booklet Print(ブックレットプリント)」の操作画面

 話題となっている理由は、それらのサービスがとても使いやすいこと。同人誌印刷ソフトでは、かんたんにページレイアウトができるのはもちろん、「合同誌を作るときに、各人バラバラ画像サイズ調整を簡単にする機能」を実装するなど、かゆい所にピンポイントで手が届く仕様。値札は、のりなしで組み立てられる上、既刊と新刊が一目で分かるデザインになっていたり、どう考えても経験豊富な同人作家が作ったとしか思えないものです。

おうちでつくる同人誌 「わかる」の一言に尽きます

 あらためて「おうちでつくる同人誌」の公式Twitterアカウントを見てみると「キヤノン社内の同人作家を中心としたプロジェクト」という記載が。やはり……と思った筆者がこのプロジェクトについてキヤノンに聞いてみたところ、同人誌並みの熱い回答が返ってきました。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響