ニュース
» 2019年11月08日 12時00分 公開

便利と話題の「おうちでつくる同人誌プロジェクト」 キヤノン担当者に開発秘話を聞いたら、同人誌なみのアツい回答が返ってきた (2/3)

[小林夏帆,ねとらぼ]

――「おうちでつくる同人誌」プロジェクトの発足のきっかけを教えてください。

おうちでつくる同人誌 「ブックレットプリント」で作った見本誌。これはガチの人のやつだ……。

 はじめは、社内の同人作家数名の小さな集まりでした。自分たちの趣味と、仕事で開発している家庭用インクジェットプリンターを絡められたら面白い、と話していたのがきっかけです。

 家庭用インクジェットプリンターは、フルカラーの表紙をキレイに印刷したり、いろいろな紙を試してみたりすることができます。これは「同人誌づくり」というこだわりを追求する作業に向いているな、と仕事を通して感じていました。また、小部数印刷に向いているという特長も、“同人作家あるある”の「最初のうちは小部数で始めたい」「昔の既刊を少しだけ再版したい」という要望にうってつけです。

 「プリンターはこんなに同人誌づくりに向いているのに、意外と知られていないのは残念だ! もっと知ってほしい!」という思いからプロジェクトがスタートしました。

――同プロジェクトを開始してから1年半たちますが、ユーザーからの反響はありましたか?

おうちでつくる同人誌 人気の表紙テンプレート。おしゃれなデザインが多いのもうれしい

 おかげさまで、2018年の8月に開設したTwitterアカウントのフォロワー数は4000人を越えました(2019年10月時点)。フォロワー様からは「おうちのプリンターでここまでキレイに同人誌を作れるなんて意外!」「同人誌即売会でテンプレートを使いました」といった声をたくさん頂いています。自分たちのプロジェクトが、同人作家の皆様のお役に立てていることを実感できてとてもうれしいです。

 また、実際にさまざまな同人誌即売会に出展し、家庭用インクジェットプリンターで印刷した同人誌・同人グッズの展示や、同人誌づくりのワークショップを行っています。ワークショップに参加した方からは「自宅のプリンターで初めての同人誌を作ることができました!」といった声も頂きました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.