ニュース
» 2019年11月07日 07時30分 公開

問題児を告白ドッキリで懲らしめようとしたら、逆に……キュンッ 青春すぎる漫画に「まぶし過ぎて直視できない」の声

正統派胸キュン漫画。

[林美由紀,ねとらぼ]

 クラスの問題児を懲らしめようとした女の子が逆にキュンとさせられてしまう漫画「問題児に勝てない女の子の話」が人気です。作者はByte(@byte0713)さん。


問題児に勝てない女の子の話09 ドッキリの行方は――?

 真子ちゃんは休み時間に、「学校に漫画を持ってきちゃダメっていつも言ってるでしょ!」と同級生・英司君を叱りますが、彼は「るっせーな…お前は俺のかーちゃんかよ…」と反省の色が見られません。

問題児に勝てない女の子の話01 宿題もしないし、学校にエロ本を持ってくる英司君

 真子ちゃんは友達とお弁当を食べながら、一度でいいから彼をぎゃふんと言わせてやりたいと話しますが、友人たちは「それは難しいね あいつひねくれてるし」と口々に言います。すると、友達の1人が良い案を思いつきました。その案とは、“ドッキリ”作戦。後日、英司君が登校すると、靴箱でラブレターを発見します……。

問題児に勝てない女の子の話02 そんな英司君をなんとかぎゃふんと言わせたい真子ちゃん

問題児に勝てない女の子の話03 ラブレターで屋上に呼び出された英司君

問題児に勝てない女の子の話04 名付けていきなり告白ドッキリ作戦

 手紙の指示通り放課後に屋上に行くと、かわいい女の子が英司君を待っていました。女の子は「ずっと前から好きでした。私と付き合ってください!」と突然告白。

 そう、先日友達が思いついたドッキリ案とは、この突然告白をするドッキリ作戦のこと。英司君にいきなり告白し、面食らったところで「ウソでした〜」とバラすというもので、告白した女の子こそ、髪の毛をおろし、メガネを取って変装(?)した真子ちゃん本人だったのでした。

問題児に勝てない女の子の話05 みんなで考えた作戦だった

 真子ちゃんだとは全く気付いていない英司君。「こんな子学校にいたのか」と思わずドキっとしてしまいます。しかし、自分には好きな女の子がいるから、付き合うことはできないと断ってしまいます。その言葉にズキッと胸が痛む真子ちゃん。思わず「誰?」と訪ねます。

問題児に勝てない女の子の話06 告白したら英司君には他に好きな人がいることがわかった

問題児に勝てない女の子の話07 英司君の好きな人は真子ちゃんだった

 英司君は照れ気味に、口うるさいけど、自分みたいな問題児でも気に掛けてくれる真子ちゃんのことが好きなのだと、正直に打ち明けます。ちょっと! 目の前にいるのにー!

問題児に勝てない女の子の話08 ドッキリ成功ならず

 英司君が立ち去った後、真子ちゃんは友達たちにドッキリの結果報告の電話をしますが、一言「ひきょうだよあいつ…」と、顔が真っ赤です。「ダメだったか〜!!」と、ドッキリの失敗に反応する友達たちですが、真子ちゃんの心境にまでは気付いていないようですね。そりゃもう、目の前であんなこと言われたらドキドキしちゃいますって……!

 問題児の男の子をぎゃふんと言わせたかったのに、まさかの逆告白を受ける形になり、キュンとさせられてしまうこの漫画。作戦は失敗でしたが、真子ちゃんも英司君のことが気になっているようですし、彼の気持ちを知ることができたのはある意味成功だったのかも!?  ああ、青春だなぁ。

 作品の読者からは「これが青春…まぶし過ぎて直視できないですね…」「問題児で捻くれてるけど真っすぐで芯の通ったものをもってらっしゃる」「バカァァァァァァァ気付いてヨォォォ 尊死」など、2人の関係を見守るようなコメントが届いています。

画像提供:Byte(@byte0713)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響