ニュース
» 2019年11月07日 18時28分 公開

スヌーピーがほのぼのかわいい「ピーナッツカフェ」に一足早く行ってみた グッズやテイクアウトメニューも充実!

グッズもとってもおしゃれ。

[小林夏帆,ねとらぼ]

 11月13日、南町田グランベリーパークに「PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム」がオープンします。12月14日の「スヌーピーミュージアム」の開館に先駆けたもので、カフェではスヌーピーが登場する漫画「PEANUTS(ピーナッツ)」の世界をイメージした空間やメニューが楽しめます。ねとらぼ編集部では、一足早くピーナッツカフェを体験してきました。

 「PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム」は、11月13日にオープンするショッピングモール「南町田グランベリーパーク」の中にあります。グランベリーパークは、開業にあわせて、施設に隣接する東急田園都市線の駅名が「南町田グランベリーパーク駅」に改名されるなど、周囲一帯を巻き込んだ大規模な開発がされています。

 「スヌーピーミュージアム」は、グランベリーパークの中でも注目の施設の1つ。駅やグランベリーパーク内にはたくさんのスヌーピーのスタチュー(像)が設置されるなど、グランベリーパークのシンボル的存在です。

PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム 南町田グランベリーパーク駅
PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム 駅の中にもスヌーピーが

 駅からグランベリーパーク内を抜けていくと、現れるのはスヌーピーのように真っ白な外観のスヌーピーミュージアム。ピーナッツカフェは、その左手にあります。

PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム グランベリーパークをどんどん進んでいきます
PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム 駅からは、109シネマズのある建物「ワンダーシアター」を抜けると便利です
PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム オープンが楽しみなスヌーピーミュージアム
PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム こちらがピーナッツカフェです (C)Peanuts

 カフェに入ると出迎えてくれるのは、手描きのタッチがかわいいスヌーピーのロゴマーク。カフェの内装は、木の素材を生かしたあたたかな雰囲気でまとめられており、そこにスヌーピーたちキャラクターのポップさが加わったかわいい空間に仕上がっています。

PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム ピーナッツカフェの入り口 (C)Peanuts
PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム 大きなスヌーピーのお家が目を引きます

カフェオリジナルグッズ

 入口には、カフェ限定のグッズコーナーが。ここでは、カフェのスタッフさんが着用しているものと同じTシャツや、キャップといった商品や、お弁当箱や食器など“食”にまつわるオリジナルグッズを購入できます。

PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム グッズコーナーの一部。アースカラーで統一されたグッズがおしゃれ
PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム パイロットキャップ(3900円/税別、以下同)は、コミックの中でチャーリー・ブラウンが被っていた帽子をイメージ
PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム カフェでつかわれているものと同じ食器が購入できます
PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム ラウンドプレート(1600円)のスヌーピーのイラスト

 カフェの奥の天井には、スヌーピーとウッドストックが宇宙遊泳をする大きなモビールが。これは、ここだけでしか見られないかわいい装飾です。グッズでも、宇宙をイメージしたパッケージに入ったお菓子「浮き星」が販売されています。こちらは、レジでオリジナルの「エアーパッケージ」に入れてくれるので、お土産にぴったり。グッズは、カフェの利用をしなくても購入することができます。

PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム 優しい色合いのスヌーピーモビール
PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム こちらがグッズサイズのモビール(5万5000円)です
PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム 浮き星(1500円)はこんぺい糖のような砂糖菓子。飲み物に浮かべてもかわいい

カフェメニュー

 カフェメニューは、ピーナッツの仲間たちの「持ち寄りピクニック」をテーマに展開。中でもおすすめなのは「『ビーグル・スカウトのテイスティー・シャック』というピクニックバスケットとスキレットのセット」(広報担当)とのこと。そのままピクニックに持っていけそうなカゴのバッグに入っているのは、アメリカンドッグやビスケットなどのつまんで食べられるメニュー。セットのスキレットは、ミートボールとローストチキンの2種類から選ぶことができ、家族や友人とわいわいシェアできる楽しいメニューに仕上がっています。

PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム ビーグル・スカウトのテイスティー・シャック(3800円)(C)Peanuts
PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム カゴにわくわくするピクニックセットです
PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム ローストチキンもボリュームがあります
PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム カトラリーやナプキンもピーナッツのデザイン

 また、ピーナッツカフェのあるエリアには「鶴間公園」が隣接。ピクニックをイメージしたメニューだけでなく、実際に公園に持っていけるテイクアウトメニューも販売されます。「ピーナッツ・ギャング ピクニックボックス」は、スヌーピーたちが描かれたオリジナルのレジャーシートつき。お天気のいい日には、外でピクニックを楽しむのも良いかもしれません。

PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム ランチボックスとドリンクのセット(2200円)
PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム こんなふうに公園でいただきたい(C)Peanuts
PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム 鶴間公園(11月13日開園)の風景(イメージ)

 広報担当の方にカフェの見どころを聞くと「店内の大きなスヌーピーのドッグハウスや、キャラクターたちの絵が描かれた椅子はここだけのもの。また、グッズも、アウトドアに使えるランチボックスや、ドライフルーツなど、自然をテーマにしたアイテムが展開されています。注目は、ブルーベリーで染めたトートバッグ。トートバッグ自体は他の『ピーナッツカフェ』でも販売していますが、こうしたコンセプトのものはスヌーピーミュージアム店だけです」とのことでした。

PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム 壁にタイルで描かれたスヌーピー
PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム 椅子にはそれぞれキャラクターが描かれています
PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム ブルーベリー染めのトートバッグ。ナチュラルなピンクがかわいい
PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム カフェのメニューにも使われているジャム(各2100円)
PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム モノクロのデザインがかわいいランチカトラリーセット(1400円)とランチボックス(2300円)

PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム公式サイト

http://www.peanutscafe.jp/snoopymuseum-tokyo

PEANUTS Cafe公式Instagram

https://www.instagram.com/peanutscafe_tokyo/

スヌーピーミュージアム公式サイト

https://snoopymuseum.tokyo/

南町田グランベリーパーク公式サイト

https://gbp.minamimachida-grandberrypark.com/

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.