ニュース
» 2019年11月08日 17時24分 公開

Firefox、Webサイトのうっとうしい「通知を許可する」のポップアップを全ブロックへ 99%のユーザーが否定的だったため

ユーザーの動向を調査した結果、件のポップアップは99%が否定的なうえ、約半数が完全に拒否していたため。そりゃあねえ……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Webブラウザ「Firefox」が、今後「通知許可プロンプト」をブロックする方針を発表しました。Webサイトを閲覧していると、たまにポップアップして「通知の送信を許可して受信しますか?」などと聞いてくるアレです。


パーミッション これ、いちいち閉じるの面倒ですもんね(公式ブログより)

 この施策は段階的に進行しており、既に現行バージョンのFirefox 70は、「許可しない」を選択するとそのサイトではポップアップが出なくなる仕様に(ちなみに現行のChromeも同じ仕様)。2020年にリリースを予定しているFirefox 72では、全てのサイトで最初からポップアップを出さない仕様をデフォルトにするとのことです。


パーミッション Firefox 70での通知許可プロンプト。「許可しない」とキッパリ断れるようになりました

パーミッション 旧バージョンでは「許可する」と「後で」の2択でした

 方針を決定づけたのは、ユーザーの動向に基づいた調査。通知許可プロンプトについては99%のユーザーが否定的で、48%が完全に拒否していたといいます。ある1カ月間のデータでは、全ユーザーに表示された14.5億件のプロンプトのうち、許可されたのは2366万件のみ。1件許可されるごとに60件が拒否されるような割合だそうです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.