ニュース
» 2019年11月09日 09時00分 公開

笑顔をもっとすてきにする歯科医さん 貧しい地域での無料施術に称賛の声(1/2 ページ)

ブラジルでは2000万人が歯科医にかかったことがないとされています。

[関口雄太,ねとらぼ]

 貧しい地域へ旅をして歯科治療を提供するフェリペ・ロッシさんが、Instagramに患者さんの施術前と施術後の笑顔の写真を投稿。歯の治療により笑顔の印象が大きく変化した写真に、1万件を超える高評価や称賛のコメントが寄せられています。治療を受けて心から喜んでいることが伝わってきます。

笑顔をもっとすてきな笑顔にする歯科医 貧しい地域での無料施術に称賛の声 左:施術前 右:施術後(画像はInstagramより)

 ブラジル出身の歯科医師フェリペさんは、経済的に恵まれていない地域へ出向き、歯の治療を無料で提供する施策を行っています。2016年にNGO「Por1sorriso」を設立し、以来貧しい地域での治療を施してきました。活動地域はブラジル国内に限らず、ケニヤ、モザンビークなどアフリカでも活動しています。2019年には、3月にサンパウロ州、5月にマットグロッソ州など、複数の地域に滞在して、施術を行っています。

 ブラジルの歯科に携わる医療従事者数は、世界1位のアメリカ(約46万人)に次ぐ約22万人ですが、社会格差が大きいため治療が行き届いていないとされています。インタビューを行ったブラジルの「R7」によると、ブラジル国内の実に約2000万人が歯医者にかかったことがないといいます。フェリペさんもInstagramで「数百万人は歯科用イスに座ることが何であるか知らない」と投稿しています。

 「Por1sorriso」で活動開始当初1台しかなかった治療用のイスは、現在は20台になり、ボランティア登録者も4000人に。しかし資金面での課題は残っているようで、例えばブラジルで5日間で1500人治療するためには、2000レアル(約54万円)が必要とのこと。同NGO公式サイトでは寄付も受付中です。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響