ニュース
» 2019年11月13日 07時30分 公開

「仕事では愛想良くできるのにオフではイライラ」 原因と解決策を説く漫画が参考になる

自分の性格を責める前に、イライラの原因をどうにかしないと。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 仕事のときは愛想良くできるのに、オフになるとイライラして親しい人に冷たくしてしまう――。そんな読者の悩みに、漫画家のさわぐちけいすけ(@tricolorebicol1)さんが漫画で答えています。相談者が聞く「どうしたら優しくなれるか」へのアンサーとは?


アイキャッチ 「疲れがもとで身内に冷たく当たってしまう自分が嫌」といったお悩み。誰でも心当たりはあるはず

 まず、さわぐちさんは相談者を「表面上だけでも他人に優しく振る舞えるのであれば、既に『優しくする能力はある』」と評価します。しかし、そんな人でも仕事等で大勢を相手に気遣うにはエネルギーがいるもの。疲れ切った状態で帰宅するとつい油断して、気を許した相手に雑な対応をしてしまうのだと分析しています。


1P

2P

 そうなる原因を強いて挙げるならと、さわぐちさんが指摘するのは、「エネルギーの不足と配分ミス」。仕事で適度に力を抜けない点も、一因ではないかとみているようです。

 その場合は仕事で疲れないよう工夫はしつつ、「プライベートで疲れを癒やすことを今まで以上に意識してみてほしい」と、さわぐちさん。例えば、風呂に浸かったりおいしいものを食べたり1人でいる時間を作ったり――当たり前ではあるけれど、大事だからこそ言われ続けてきたことだと説きます。


3P

 そして最後に、「自分の性格の問題でイライラをぶつけてしまう」と落ち込むのをいったんやめて、「全て疲れのせいだ」と仮定して対策するべきだとアドバイス。また、「相手も疲れているかもしれない」という意識も大切だと、漫画を締めくくっています。


4P

 漫画には、「疲れのせいだと考えると気が楽になる」と、共感のが多数。「1人の時間」の必要性について、考えさせられた人も多いようです。

 さわぐちさんはダ・ヴィンチニュースで、夫婦円満や人付き合いの秘訣を描くエッセイ漫画『妻は他人』を連載中で、今回の漫画もその一編。最新刊の『妻は他人 変化の日々を夫婦で歩む』が、11月22日に発売予定です。


作品提供:さわぐちけいすけ(@tricolorebicol1)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響