ニュース
» 2019年11月12日 14時15分 公開

飛行機が1300リットルの水を放出して墜落 赤ちゃんの性別披露イベントで事故

搭乗者は命に別状はないとされています。

[関口雄太,ねとらぼ]

 米テキサス州にて飛行機墜落事故が発生したとNTSB(国家運輸安全委員会)がこのほど発表しました。赤ちゃんの性別を披露するために大量のピンク色の水を空中から振りまいた後に、失速しすぎたことが原因で地面へ衝突したとされています。


飛行機が1300リットルの水を放出して墜落 赤ちゃんの性別披露イベントで事故 飛行機は逆さまの状態で停止(画像はTurkey Volunteer Fire Department and EMSより)

 NTSBの発表によると、事件は9月7日テキサス州ターキーで発生。墜落した飛行機は、赤ちゃんの性別を発表するために、約350ガロン(約1300リットル)のピンク色の水を流しました。飛行機は減速しすぎたことが原因で、空気力学的に失速。地面に衝撃を与え、逆さまの状態で止まったと報告されました。飛行機の座席は1人乗りとして設計されたものですが、パイロットともう1人の合計2人が搭乗していたようです。


 通報を受けたという「Turkey Volunteer Fire Department and EMS」のFacebook投稿によれば、1人が自家用車で病院へ向かいましたが、搭乗者2人どちらにも命に危険を及ぼすケガはありません。NTSBが公開した資料により、パイロットはテキサス州に住むラジ・L・ホラン氏49歳で、同乗していたのは同じくテキサスに住むジェニファー・J・ハレル氏(年齢非公開)ということが明らかになりました。ケガをしたのはハレル氏で、症状は軽度であると報告しています。また、飛行機は右翼、胴体、尾翼が損壊したものの、出火や爆発はなかったようです。


飛行機が1300リットルの水を放出して墜落 赤ちゃんの性別披露イベントで事故 運転手や事故の情報を公開(画像はNTSBより)

 「性別お披露目パーティー」は、妊婦のお腹にいる赤ちゃんの性別を発表するイベントで、女の子ならピンク、男の子ならブルーを使うことが一般的です。今回の現場では、ピンク色の水を流していたことから、女の子だと発表するイベントであったと考えられます。

 性別披露のイベントは、今回のようにユニークな手段が取られながらも事故や危険を及ぼす演出が問題となることが過去にもありました。考案者とされている女性は過剰に行われるこのイベントにうんざりしているようで、「その子の足の間についているものとは関係のない可能性や才能を除外することになってしまいます」と、性別に関心を寄せすぎる傾向に意見を述べています(関連記事)。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.