ニュース
» 2019年11月13日 21時00分 公開

「薬用入浴剤 鈴木」 鈴木姓のルーツ・和歌山県海南市の会社が全国の鈴木さんへ向けて販売

販売会社の社長の名前は小久保。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 全国の鈴木さんのために作った「薬用入浴剤 鈴木」が発売されます。

「薬用入浴剤 鈴木」バナー 薬用入浴剤 鈴木

 「鈴木」姓は、その直系の先祖をさかのぼると、和歌山県海南市藤白にある「鈴木屋敷」に住んだ鈴木一族にたどり着くといわれています。和歌山県海南市にある入浴剤メーカー・紀陽除虫菊は、全国の鈴木さんに鈴木姓のルーツと海南市に思いをはせてほしいと、「薬用入浴剤 鈴木」を作りました。

 平安時代末期、和歌山県海南市の鈴木一族は「紀州藤白鈴木家」として、熊野神域の入り口とされる藤白神社にある「鈴木屋敷」で上皇や法皇をお迎えし、熊野三山の案内役を務めていました。また、「鈴木屋敷」は熊野詣をされる人々のおもてなしの場として大変なにぎわいをみせ、一族は繁栄を築きます。

鈴木が広まっていった様子 鈴木のルーツは和歌山県海南市

 鈴木一族は、熊野信仰の普及のために全国各地を訪れ、多くの分家をつくりました。信仰者に姓を与えたことで、日本中にたくさんの鈴木家が誕生しました。そのようにして「鈴木」姓が海南市から全国へ広がったと言われています。

 「薬用入浴剤 鈴木」は、昔ながらの粉末タイプの入浴剤。心やすらぐ森の香りで、保湿成分として当帰(とうき)・橙皮(とうひ)・人蓼(にんじん)・生姜(しょうきょう)エキスを配合しています。疲労回復、肩のこり、腰痛、神経痛、リウマチ、冷え症、荒れ性、あせも、しっしん、しもやけ、打ち身、くじき、痔、ひび、あかぎれ、にきび、産前産後の冷え症に効能があります。

「薬用入浴剤 鈴木」の中身をすくう様子 昔ながらの粉末タイプの入浴剤

「薬用入浴剤 鈴木」

 内容量:500g オープン価格(参考価格 税別1800円 税込1980円)

「薬用入浴剤 鈴木」の外観 薬用入浴剤 鈴木

「薬用入浴剤 鈴木 2本入」

 内容量:500g×2 オープン価格(参考価格 税別4000円 税込4400円)

「薬用入浴剤 鈴木 2本入り」の外観 薬用入浴剤 鈴木 2本入

発売元:紀陽除虫菊株式会社

発売日:2019年11月20日

同社オンラインショップで先行販売

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.