ニュース
» 2019年11月14日 17時00分 公開

目指すは世界最速のRX-7 フレームやエンジンがむき出しの魔改造FD3Sがヤバイ 最大1800馬力で4WD仕様(1/2 ページ)

頭イッちゃってるよ(最大級の賛辞)。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 1800馬力を超えるハイパワーを発揮する4ローター仕様ロータリーエンジンを搭載した、クレイジーすぎる4WD仕様「RX-7(FD3S)」が海外で大きな注目を集めています。

SEMA RX-7 4WD Rob Dahmさんが披露したRX-7(写真はInstagramから)

 まだ製作途中じゃないかと突っ込みたくなるような姿ですが、自作パイプフレームに、ガッチガチな足回り、そしてエンジンの上に鎮座する巨大なカタツムリ……。ただのRX-7ではないことは明らかです。

 このRX-7は海外の人気カスタムカーYouTuber、Rob Dahmさんが手がけているもの。世界的にもかなり珍しい「4WD化」されたRX-7で、搭載しているロータリーエンジンは4ローター仕様。ギャレットの大型ターボチャージャーによって最大1800馬力ものぶっ飛びパワーを発生させます。

SEMA RX-7 4WD 見るからに強そうな中身がまる見え

 このRX-7が披露されたのは、世界各国からツワモノたちが集まり、自慢の魔改造マシンを披露するカスタムカーの祭典「SEMAショー」。11月5日から8日にかけてアメリカで開催されました。

 オーナーのRob Dahmさんはショーで見せびらかすためだけに作ったわけではなく、世界有数の最高速チャレンジとして知られる大会「ボンネビル・スピードウェイ」に挑戦して、「世界最速のRX-7」の称号を得ることが、彼の人生の目標。現時点ではエンジンの動作確認が済んでいるテスト段階のようですが、広大な塩湖を駆け抜けていく姿を早く見たいものです。

SEMA RX-7 4WD リアは原型をとどめています
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響