ニュース
» 2019年11月14日 17時40分 公開

BSチャンネル「Dlife」が2020年3月31日で放送終了へ ネットでは「嘘だと言って」「ショックです…」の声

ディズニーが約8年前に放送開始した無料BSチャンネルでした。

[宮原れい,ねとらぼ]

 ブロードキャスト・サテライト・ディズニーによるBSチャンネル「Dlife(ディーライフ)」が、2020年3月31日24時をもって放送終了することが発表されました。



 Dlifeは、初の外資系無料BSチャンネルとして2012年3月17日から放送を開始。若い女性をメインターゲットに、人気の海外ドラマや映画をはじめ、ディズニーアニメーション、バラエティ番組などを放送していました。またPCサイトと無料アプリでも見逃し配信サービスが視聴可能で、こちらはPCサイトが11月28日15時、アプリが2020年3月31日15時に提供終了となります。

 Twitterでは視聴ユーザーから「すごく残念」「嘘だと言って」「ショックです…」など悲しむ声が寄せられており、一時的にトレンド入りするなど話題になっています。



 Dlife終了の理由は、ディズニーが国内で展開する放送局の方針を検討した結果とのこと。今後は「ディズニー・チャンネル」など有料チャンネルへの編成をさらに強化していくとしています。またディズニー傘下にあるBSチャンネル「FOXスポーツ&エンターテイメント」(ビーエスFOX)も、Dlifeと同タイミングで放送が終了。「スカパー!」での新規加入受付は2月29日をもって終了となります。

 なお、BSチャンネルについては、同社申請の新規チャンネル「ディズニー・チャンネル」が認定されたことが2019年9月に総務省より発表されており、今後の放送開始が見込まれます。



 ディズニーは、2019年3月から動画配信サービス「Disney DELUXE」を日本でスタート(関連記事)。ディズニー、ピクサー、マーベルの対象作品が見放題となる月額700円の定額制サービスで、さらに米国では別の動画配信サービス「Disney+」が11月12日にスタート(日本でのサービス開始時期は未定)。特に「Disney+」ではオリジナルコンテンツの提供を多数予定しており、配信サービス強化の方針が目立っていました(関連記事)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」