レビュー
» 2019年11月15日 10時10分 公開

「まさか菜々緒が押し入れにいたなんて」 みんな驚いた「4分間のマリーゴールド」5話、どんな感情になったらいいの?(1/2 ページ)

福士蒼汰はもっとしっかりしろ!

[大山くまお, イラスト:まつもとりえこ,ねとらぼ]

 福士蒼汰主演の金曜ドラマ「4分間のマリーゴールド」(TBS・夜10時〜)。人の「死の運命」が見える救急救命士と、余命1年の義姉との禁断の愛を描く。菜々緒がまさか押し入れの中にいるとは思わなかった……! 見ていた人はみんな驚いたに違いない。視聴率は少し回復して7.1%。押し入れ効果だろうか。


4分間のマリーゴールド 悲恋カップルなのに沙羅(菜々緒)とみこと(福士蒼汰)をあまり応援する気持ちになれない イラスト/まつもとりえこ

魅力的に見えない主人公カップル

 「2人で逃げる? それか……元に戻ろっか」

 長兄の廉(桐谷健太)に禁断の恋愛関係を知られてしまった姉・沙羅(菜々緒)と義弟・みこと(福士蒼汰)。車の中で密会すると、沙羅はいたずらっぽく語りかける。

 このドラマの困った点のひとつに、恋愛ドラマであり、難病(?)ドラマでもあるのに、見てるほうが「どうしてもこの2人を応援したい!」「どうにか助かってほしい!」という気持ちにならないというのがある。象徴的なのが、先ほどのセリフだ。

 廉は2人の関係を知って死ぬほど悩んでいるのに、沙羅はほとんど気にしていない(ように見える)。2人で逃げちゃったら、廉も藍(横浜流星)も悲しむだろうに……。みことが困惑していると、今度は姉と弟に戻ろうと提案して、再び困惑させる。まぁ、彼はずっと困惑しているんだけど。

 沙羅は何を考えているのかよくわからない。一方、みことは反応が薄い。廉の先輩・原田(橋本じゅん)の妻・理沙(七瀬なつみ)がすい臓がんに倒れ、廉は半信半疑だったみことの能力を認めざるを得なくなる。ということは、沙羅は死ぬということだ。

 「本当か? 本当に沙羅は死ぬのか?」

 「本当だよ」

 「(みことの襟首を掴んで)ぶっふふふふぅぅ(嗚咽する)」

 「ごめん」

 「オウ、オウ……(嗚咽し続ける)」

 みことは内向的な人間で、廉はオラついた人間だというのはわかっている。だけど、あまりにも2人から発する感情の「圧」が違いすぎる。桐谷健太が熱演するほど、福士蒼汰の薄味ぶりが浮き上がってしまう。

 廉はぶっきらぼうな態度ではあるが、徹頭徹尾2人に優しい。それでいて、2人のいないところではずっと苦悩している。物語を通じて、もっとも苦悩しているのは間違いなく彼だろう。瀕死の妻の病室でフラダンスを踊る愚かな夫を演じた橋本じゅんも良かった。

 しかし、周辺の人たちのことを描きすぎて、肝心のみことと沙羅の描写が弱く感じる。どうにも主人公カップルが魅力的に見えない。それでは本末転倒である。


4分間のマリーゴールド 家族全員がついに、沙羅の運命、みことの能力を知ってしまった イラスト/まつもとりえこ

「違うやり方もあったろ!」

 廉とみことと藍は、3人で膝を突き合わせて、対策会議(?)を開く。

 「来年の誕生日に、姉さんは、死ぬ運命にある」

 淡々と語るみこと、途方に暮れる藍、それでも何とかしようとする廉。三者三様だ。そのとき、みことが恐ろしいことを口にした。

 「聞こえた? 姉さん」

 みことの背後にあった押し入れの戸を開けると、そこには沙羅の姿が! なぜそこにいる? いや、押し入れのエピソードはたしかにドラマの前半で描かれていたけど、唐突すぎ!

 「あたし、死ぬの……?」

 すべてはみことの企みだった。沙羅に自分の運命を知ってもらうため、わざと聞こえるようにしゃべっていたのだ。みことはいつから沙羅が押し入れにいたのを知ってたの? っていうか、この伝え方でいいの? 前半で原田の妻へのがん告知についてのエピソードが語られていたが、もし告知するならちゃんと相手の目を見て伝えるんじゃない?

 「お前、沙羅のこと、ちゃんと考えたのかよ!」「違うやり方もあったろ!」という廉の言葉にうなずくしかない

 しかし、沙羅は「今のでちゃんとわかった」と言う。みことの能力のことさえ知らなかったのに、自分の運命をあっさりと受け入れてしまった。さらに、これまで他人の死の運命を見続けてきたみことを心配する。ちょっと物分かりが良すぎない?


4分間のマリーゴールド ひとめでわかる人物相関図 イラスト/まつもとりえこ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響