ニュース
» 2019年11月15日 17時40分 公開

三越伊勢丹「アナスイ」事業撤退でSNSに衝撃 もう日本で買えなくなるのか聞いてみた (1/2)

コスメやお財布……どうなるの?

[小林夏帆,ねとらぼ]

 三越伊勢丹が「ANNA SUI(アナスイ)」事業を2020年3月末で終了すると発表し、SNSを中心に衝撃が広がっています。SNSでは、もう日本でアナスイの商品が手に入らなくなるの? という疑問の声が多く挙がっていますが、実際はどうなのでしょうか。

 アナスイは、アメリカ人デザイナー、アナ・スイが手掛けるファッションブランド。フォークロアのテイストを取り入れた、どこかノスタルジックなデザインと、黒を基調としつつも鮮やかな色づかいが特長で、日本では財布などの革小物やコスメが高い人気を誇っています。

 三越伊勢丹の広報担当者によると、同社は「2020年3月末日をもって、米国アナスイ社とのライセンス契約および販売代理店契約を終了。婦人衣料および雑貨のブランドライセンス事業、卸事業からの撤退」するのこと。これをうけて、同社が全国に展開するアナスイ直営店10店舗と、アウトレット店2店舗は2020年3月末時までに営業を終了することになりました。(直営店・アウトレット店共に営業終了時期は店舗により異なります)

 三越伊勢丹が運営するアナスイ直営店では、洋服などのインポートのアパレル商品と、三越伊勢丹がマスターライセンシーとしてサブライセンス権を付与した国内15社のサブライセンシー企業が製造する雑貨を展開。

 アナスイの商品の中でも、日本で人気の高いバッグ、財布、コスメなどのアイテムは、三越伊勢丹ホールディングス以外のサブライセンシーの企業が手掛けているものです。

 サブライセンシー企業の商品について、三越伊勢丹ホールディングスは「当社とのサブライセンス契約に基づき、アナスイライセンス商品の製造販売を行ってくださっている取組先様の一部は、アナスイ社との直接契約により、アナスイブランド商品の製造販売を継続することになったと聞いており、アナスイブランドは引き続き日本市場で展開されることになっております」と回答しています。

 これを受け、ねとらぼ編集部では、バッグ、財布、革小物を販売する「クイーポ」、コスメを販売する「アルビオン」の2社に、今後のアナスイブランドの日本での展開について取材を行いました。その結果、2社ともアナスイ商品を「いままでと同様に販売を継続していく」という回答が得られました。

 なお、「アルビオン」が展開する「アナスイコスメティックス」は、三越伊勢丹の百貨店にも出店していますが、店舗の閉店などの予定は無いとのこと。

 また、アナスイと三越伊勢丹ホ―ルディングスとの契約が終了する2020年4月以降、三越伊勢丹の各店舗では、「(ウェアや雑貨など、アナスイの商品は)他ブランドの商品と同様に、通常のブランドの1つとして売り場ごとに取扱を判断していく」(同社広報)ということです。

アナスイジャパン公式サイト

https://www.annasui.co.jp/

閉店予定の「アナ スイ ウェアショップ」10店舗 

ANNA SUI 札幌オーロラタウン店 / ANNA SUI 仙台フォーラス店 / ANNA SUI ららぽーとTOKYO-BAY店

ANNA SUI 池袋サンシャイン店 / ANNA SUI 新宿ミロードモザイク通り店 / ANNA SUI 横浜ジョイナス店

ANNA SUI 名古屋パルコ店 / ANNA SUI 天王寺ミオ店 / ANNA SUI 梅田エスト店 / ANNA SUI なんばパークス店

閉店予定のアウトレット店舗

ANNA SUI 御殿場プレミアム・アウトレット店/ANNA SUI りんくうプレミアム・アウトレット店

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2009/29/news094.jpg 「結末が載っていないなんて初めて」 「半沢直樹」賀来賢人&西田尚美&児嶋一哉ら出演者もラストを知らされず
  3. /nl/articles/2009/28/news039.jpg 「早く宿題終わったなら余った時間勉強しなさい」 会社でも見掛ける“やる気を無くすシステム”描いた4コマがあるある
  4. /nl/articles/2009/28/news089.jpg 「笠原さん」「笠松だよ!」 アンジャ児嶋、「半沢直樹」堺雅人と2人きりのシーンで“直樹”に名前をイジられる
  5. /nl/articles/2009/21/news034.jpg 「人が買ったカレーを盗むな!」嫁姑の“カレールー事件” 妻に出ていかれた相談者は挽回できるのか「テレフォン人生相談」先週のハイライト
  6. /nl/articles/2009/28/news056.jpg 母親「いいことあったから家に来なさい」 実家のかわいい子猫、1年後にめちゃくちゃでかくなるビフォーアフター!
  7. /nl/articles/2009/29/news052.jpg 「原神」公式、PC版の“スパイウェア疑惑”についてコメント ゲーム終了後も起動していたのは「不正パッチを防ぐため」
  8. /nl/articles/2009/29/news018.jpg ソシャゲのガチャ、物欲センサーで外れを引いたと思ったら…… 思わぬところでレアを引いた漫画にときめく
  9. /nl/articles/2009/28/news085.jpg 虚構新聞が謝罪 運動会のリレーで感染症に“2メートルのロングバトン使用”が事実に、長さまで一致
  10. /nl/articles/2008/31/news101.jpg 「ホラー感がすごい」 「半沢直樹」白井大臣、銀行の一致団結に屈す 崩れ落ちた“片目開眼”で視聴者を圧倒