ニュース
» 2019年11月15日 18時50分 公開

ポケモン剣盾、新要素の「ワイルドエリア」が楽しすぎると話題に 「いきなりバンギいる」「ストーリー進まない」(1/2 ページ)

ストーリーが進まねえ!

[ねとらぼ]

 11月15日に発売したばかりの「ポケットモンスター ソード・シールド」。ゲーム開始1時間で到達できる「ワイルドエリア」が楽しすぎると早速ネットで話題です。「バッジ0個でヒバニーが最終進化した」「いきなりバンギラスがいる」など、あまりにワイルドな事例が続々と報告されています。




 「ワイルドエリア」とは、今作で初めて実装されたマルチプレイ可能エリアのこと。

 4人で協力して巨大ポケモンに立ち向かう「マックスレイドバトル」や、他プレイヤーの相棒と交流できる「キャンプ」など、友達と一緒に魅力的な要素を楽しめます……が、むしろTwitterでは「一人で何時間でも遊べてしまう」ほどの突き抜けた自由度が話題のようです。

 何よりプレイヤーを熱狂させているのが、バッジ0個で入れるエリアとは思えない出現ポケモンの凶悪さ。適正レベルの虫や鳥に加えて、レベル34のキテルグマ、レベル60のバンギラスなど、武装していても勝てなさそうな怪物がその辺を普通に散歩しています。

 「ポッポと同じ攻撃力」としばしばネタにされるイワークですら、レベル差の暴力で熟練のトレーナーを次々と粉砕しているもよう。そうだった、ポケモンってモンスターなんだよな……。




 猛獣のナワバリから必死で逃げたり、逆に勝てないと分かっていても挑戦してしまったり、今作から本格導入されたシンボルエンカウントそれ自体が遊びになっている印象を受けました。

 ちなみに捕まってしまった際の救済アイテムとして「勝てないし逃げられないと思ったらこれを使え」とピッピ人形が支給されます。ピッピ人形を心強く感じるのシリーズ初では?


ワイルドエリア楽しすぎ アーマーガアだ!

ワイルドエリア楽しすぎ 対戦で使えるレベルじゃん

 過去作のポケモンが序盤から大量に登場するのもうれしいポイント。技マシンや珍しいポケモンが入手できる「マックスレイドバトル」も繰り返しプレイしたくなる魅力があります。筆者はレイドでヒトツキを手に入れました。俺のソード・シールドはここから始まる……。

 ストーリーに復帰できないプレイヤーが続出しているワイルドエリア。草原や湖、砂漠など、多彩なロケーションが広がって見えますが、本来の姿は無限の遊びでプレイヤーを飲み込む巨大な「沼」だったのかもしれません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」