連載
» 2019年11月16日 12時00分 公開

【漫画でレビュー】「女と女の関係」を求めている人に教えたい! 80年代ロサンゼルスが舞台の女子プロレスドラマ「GLOW」のアツさ(1/2 ページ)

5時間くらい話し合いたい!

[momomosparkle,ねとらぼ]

 最近アツくなったのはいつだろう。仲間と1つの夢を追いかけたのはいつ? 自分をさらけだして本音をぶつけ合ったのはいつ? アツい友情と飛び跳ねたくなるようなサクセスストーリーを求めるあなたにオススメなのが、女子プロレスリングの世界。

 キラキラ輝く80年代エッセンスと、笑いと涙がつまった女子プロドラマ「GLOW」なら、最近あったイヤなことも、「ぶっ飛ばしてやる!」という強いパワーに変えてくれるから!

GLOW
GLOW
GLOW
GLOW
GLOW
GLOW
GLOW

momomosparkle

イラストレーター&デザイナー&漫画家。カリフォルニアのカレッジで2年間アートを学んだ後、美大を卒業、現在はフリーランスとして活動中。かわいいものや楽しいことが大好き。


プロレスショーを巡る、女と女の物語

 舞台は熱気あふれる1985年のロサンゼルス。女優のルースは誰よりも熱意にあふれて一生懸命だが、それがからわまりしてしまうこともあり全く仕事がない。食べ物を買うお金もないほど切羽詰まった彼女の元に、女子プロレスショー「GLOW」のオーディションが舞い込んでくる。

 演じることに飢えている彼女は、プロレス未経験ながらも引き受ける。一度はオーディションで落とされたものの諦めきれないルースはふたたびリングの上に戻るが、そこへルースの大親友のデビーが怒り狂ってのりこんでくる。なんとルースはデビーの夫と浮気していたのだ。

 「あんたをぶっとばしたい」とリングにあがったデビー、それに思わず応えてしまうルース。彼女たちの取っ組み合いをみたサムは確信する。「これはいいものが作れるぞ…!」と。

 GLOWに出演することとなったルースとデビー、さらにスタントマンのチェリーや、自分を狼だと思っているシーラなど、個性あふれる14人の女子レスラーたち、監督であるサム、プロデューサーのバッシュ。それぞれが様々な思いや事情を抱えながら全力で女子プロレスショー「GLOW」を作り上げていく様子に、胸があつくなる。

共同生活の中で芽生える友情

 GLOWに出演することが決まったメンバーたちとサム&バッシュは、合宿のようにみんなでひとつのホテルで暮らしはじめる。共同生活の中で芽生えるいくつもの友情は徐々に強いものとなり、いつしか全員が家族のような関係性になっていく。彼らの友情こそが、このドラマの醍醐味(だいごみ)といっても過言ではないだろう。

 中でもやはり気になるのは、ルースとデビーの関係だ。彼女たちはもともと一緒にフィットネスクラスへ行ったりお互いの家の合鍵をもったりするほどの大親友。しかしルースがデビーの夫と関係を持ったことによって全てが崩れ去ってしまう(正直「何やっちゃってんのよう」と突っ込みたくなる……)。

 夫との関係は正直終わっていたとはいえ、それでも裏切られたという思いが残るデビーと、ボロボロの精神状態だったせいでバカなことをしたと心から反省しているルース。そんな中、ヒーロー役と悪役として仕事上でタッグを組むことになったふたりは、共に過ごす時間が増えてゆく。

 ルース以外のメンバー全員と相手役を試してみたものの、しっくりこず何かと文句をつけていたデビーだったが、ルースと戦ってはじめて「これだ!」とビビッとくる。リング上での相性も、他のメンバーとは比べ物にならないほどバッチリだ。

 ものを作ることへの情熱も、悔しい思いをした過去も、芯の強さも共通するふたり。2人がそろえば怖いものなんかないはずなのだ。そんな2人の距離が揺れ動くたびに、「ああ!お願いだから仲良しに戻って!」と、まるでなかなか成就しない恋路を応援するかのような気持ちでみてしまう。もう、このトピックについて5時間ほど誰かと語り合いたいです!

GLOW
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  5. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」