連載
» 2019年11月16日 12時00分 公開

【漫画でレビュー】「女と女の関係」を求めている人に教えたい! 80年代ロサンゼルスが舞台の女子プロレスドラマ「GLOW」のアツさ(1/2 ページ)

5時間くらい話し合いたい!

[momomosparkle,ねとらぼ]

 最近アツくなったのはいつだろう。仲間と1つの夢を追いかけたのはいつ? 自分をさらけだして本音をぶつけ合ったのはいつ? アツい友情と飛び跳ねたくなるようなサクセスストーリーを求めるあなたにオススメなのが、女子プロレスリングの世界。

 キラキラ輝く80年代エッセンスと、笑いと涙がつまった女子プロドラマ「GLOW」なら、最近あったイヤなことも、「ぶっ飛ばしてやる!」という強いパワーに変えてくれるから!

GLOW
GLOW
GLOW
GLOW
GLOW
GLOW
GLOW

momomosparkle

イラストレーター&デザイナー&漫画家。カリフォルニアのカレッジで2年間アートを学んだ後、美大を卒業、現在はフリーランスとして活動中。かわいいものや楽しいことが大好き。


プロレスショーを巡る、女と女の物語

 舞台は熱気あふれる1985年のロサンゼルス。女優のルースは誰よりも熱意にあふれて一生懸命だが、それがからわまりしてしまうこともあり全く仕事がない。食べ物を買うお金もないほど切羽詰まった彼女の元に、女子プロレスショー「GLOW」のオーディションが舞い込んでくる。

 演じることに飢えている彼女は、プロレス未経験ながらも引き受ける。一度はオーディションで落とされたものの諦めきれないルースはふたたびリングの上に戻るが、そこへルースの大親友のデビーが怒り狂ってのりこんでくる。なんとルースはデビーの夫と浮気していたのだ。

 「あんたをぶっとばしたい」とリングにあがったデビー、それに思わず応えてしまうルース。彼女たちの取っ組み合いをみたサムは確信する。「これはいいものが作れるぞ…!」と。

 GLOWに出演することとなったルースとデビー、さらにスタントマンのチェリーや、自分を狼だと思っているシーラなど、個性あふれる14人の女子レスラーたち、監督であるサム、プロデューサーのバッシュ。それぞれが様々な思いや事情を抱えながら全力で女子プロレスショー「GLOW」を作り上げていく様子に、胸があつくなる。

共同生活の中で芽生える友情

 GLOWに出演することが決まったメンバーたちとサム&バッシュは、合宿のようにみんなでひとつのホテルで暮らしはじめる。共同生活の中で芽生えるいくつもの友情は徐々に強いものとなり、いつしか全員が家族のような関係性になっていく。彼らの友情こそが、このドラマの醍醐味(だいごみ)といっても過言ではないだろう。

 中でもやはり気になるのは、ルースとデビーの関係だ。彼女たちはもともと一緒にフィットネスクラスへ行ったりお互いの家の合鍵をもったりするほどの大親友。しかしルースがデビーの夫と関係を持ったことによって全てが崩れ去ってしまう(正直「何やっちゃってんのよう」と突っ込みたくなる……)。

 夫との関係は正直終わっていたとはいえ、それでも裏切られたという思いが残るデビーと、ボロボロの精神状態だったせいでバカなことをしたと心から反省しているルース。そんな中、ヒーロー役と悪役として仕事上でタッグを組むことになったふたりは、共に過ごす時間が増えてゆく。

 ルース以外のメンバー全員と相手役を試してみたものの、しっくりこず何かと文句をつけていたデビーだったが、ルースと戦ってはじめて「これだ!」とビビッとくる。リング上での相性も、他のメンバーとは比べ物にならないほどバッチリだ。

 ものを作ることへの情熱も、悔しい思いをした過去も、芯の強さも共通するふたり。2人がそろえば怖いものなんかないはずなのだ。そんな2人の距離が揺れ動くたびに、「ああ!お願いだから仲良しに戻って!」と、まるでなかなか成就しない恋路を応援するかのような気持ちでみてしまう。もう、このトピックについて5時間ほど誰かと語り合いたいです!

GLOW
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」