ニュース
» 2019年11月18日 19時30分 公開

「ガイジンって言ったやつ誰や」 学校で受けた差別から守ってくれた母への感謝を描いた漫画に反響

母の愛情深さと強さにじーんとくる。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 見た目による差別から守ってくれた母親への思いを描いた漫画に、母の愛情深さへの感動と共に、外国人やハーフへの差別の根深さを考えさせられます。作者はTwitterユーザーの花野ちあき(@moyomoyo211)さん。

moyomoyo211 偏見 国際化 「ガイジン」と罵る声から守ってくれたのは母親だけでした

 日本人と外国人のハーフとして生まれてきた花野さん。見た目は少し違うものの、幼い頃から日本に住み、日本語しか話せません。しかし見た目のせいで小学生のころは上級生から「ガイジン!」と言われてからかわれていました。

moyomoyo211 偏見 国際化

 三者面談の日、上級生から「ガイジン!」とからかわれ、いつものように黙って帰ろうと促したとき、母親は突然早足で上級生のいる方へ向かっていきました。

moyomoyo211 偏見 国際化

 「さっきガイジンって言ったヤツ、誰や」と母が毅然として声をかけると、上級生たちは一気に大人しくなってしまいました。

 ひどい差別を受けていたのに誰も声をかけてくれず、我慢し続けていた花野さん。後にも先にも、花野さんと妹さんを正面から守ってくれたのは、母だけでした。今でもこのことを思い出すと、どうしようもなく母が愛おしくなるそうです。

moyomoyo211 偏見 国際化
moyomoyo211 偏見 国際化

 見た目が少し違うだけで差別を受けていた花野さんですが、この漫画を読んで少しでも意識が変わってほしいということを伝えています。

 リプライでは同じような経験を持つ読者から「外人って言われるのはとても嫌だった」「ガイジンのくせにとか言われたりした」などの共感の声が届いています。

 また“外人”という言葉自体への違和感を持つ読者も多く、名前を知らない状況であれば“外国人”または“外国の人”、あるいは国が分かっていれば“○○の人”と呼んだ方が良いなどの意見が届いています。

画像提供:花野 ちあき(@moyomoyo211)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」