ニュース
» 2019年11月18日 08時30分 公開

Airbnb初! マハラジャが住む王宮に一般旅行客も宿泊可能に

11月23日から予約スタート。年内は公開記念スペシャル料金です。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 民泊サイトAirbnbで11月23日、世界各国のセレブが訪れたインドの王宮「シティパレス」の一室「グディヤ・スイート」の一般旅行者向け宿泊予約がスタートします。Airbnbによる世界初公開を記念して、年内は1000米ドル(約11万円)のスペシャル料金で予約可能です(1月1日からは通常料金の8000米ドル)。


シティパレス 「ピンクシティ」の異名を持つジャイプール。赤い砂岩で造られた王宮はうっすらピンク色


シティパレス 細やかな壁の彫刻

 「シティパレス」は1727年、インド北部ラージャスターン州の州都ジャイプールに建てられました。宮殿はインドに加えヨーロッパの建築様式が駆使され、なんともエキゾチックな趣き。内部はシャンデリアが下がる映画のワンシーンのようなダイニングホールや、繊細な彫刻が施された壁などがある贅(ぜい)を尽くした空間。約300年の歴史ある王宮では、チャールズ皇太子をはじめ、ケネディ大統領夫人、ビル・クリントン元大統領などの要人が歓待を受けたそうです。


シティパレス 左右対称で装飾的な建築が印象的


シティパレス いくつも連なるアーチ、植物の文様


シティパレス 開放的で華やかな空間。シャンデリアの豪華さに圧倒されそう


シティパレス 重厚な調度品。歴史を感じます

 一般旅行者が宿泊できる「グディヤ・スイート」は月の主殿「チャンドラ・マハル」内の、かつては王族とその賓客のみが入ることができた場所で、ラウンジとキッチン、大理石の床のバスルーム、さらには屋内プールがありとても豪華です。毎日付いている朝食は、宮殿の庭園を眺めながら食べられます。放し飼いの孔雀たちが姿を見せてくれることもあるとのこと。


シティパレス 淡い水色の壁に天蓋付きのベッド! 素敵な夢が見られそうです


シティパレス 豪華なバスルーム。入る時はドキドキしてしまうかも


シティパレス 手厚いおもてなしでセレブ気分に!?

 現在もこの宮殿には、マハラジャの末裔が暮らしています。第11代の藩王パドマナーバ・シングさんはAirbnb初の王族ホストであり、スポーツのポロが好きな21歳。自身がAirbnbで旅をした時、初めて訪れた街でも歓迎されていると感じたことから、インドの最高のおもてなしを届けたいと考えているそうです。


シティパレス 2011年に王位継承。若さの中にも威厳が漂います!

 「シティパレス」に宿泊している間は専属の執事が地元のミュージアムなどの名所、お土産が買えるショップなどをめぐるツアーを希望に合わせて手配してくれます。まるで夢のような贅沢なひと時を味わえるかも。

(谷町邦子 FacebookTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.