ニュース
» 2019年11月18日 08時30分 公開

Airbnb初! マハラジャが住む王宮に一般旅行客も宿泊可能に

11月23日から予約スタート。年内は公開記念スペシャル料金です。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 民泊サイトAirbnbで11月23日、世界各国のセレブが訪れたインドの王宮「シティパレス」の一室「グディヤ・スイート」の一般旅行者向け宿泊予約がスタートします。Airbnbによる世界初公開を記念して、年内は1000米ドル(約11万円)のスペシャル料金で予約可能です(1月1日からは通常料金の8000米ドル)。


シティパレス 「ピンクシティ」の異名を持つジャイプール。赤い砂岩で造られた王宮はうっすらピンク色


シティパレス 細やかな壁の彫刻

 「シティパレス」は1727年、インド北部ラージャスターン州の州都ジャイプールに建てられました。宮殿はインドに加えヨーロッパの建築様式が駆使され、なんともエキゾチックな趣き。内部はシャンデリアが下がる映画のワンシーンのようなダイニングホールや、繊細な彫刻が施された壁などがある贅(ぜい)を尽くした空間。約300年の歴史ある王宮では、チャールズ皇太子をはじめ、ケネディ大統領夫人、ビル・クリントン元大統領などの要人が歓待を受けたそうです。


シティパレス 左右対称で装飾的な建築が印象的


シティパレス いくつも連なるアーチ、植物の文様


シティパレス 開放的で華やかな空間。シャンデリアの豪華さに圧倒されそう


シティパレス 重厚な調度品。歴史を感じます

 一般旅行者が宿泊できる「グディヤ・スイート」は月の主殿「チャンドラ・マハル」内の、かつては王族とその賓客のみが入ることができた場所で、ラウンジとキッチン、大理石の床のバスルーム、さらには屋内プールがありとても豪華です。毎日付いている朝食は、宮殿の庭園を眺めながら食べられます。放し飼いの孔雀たちが姿を見せてくれることもあるとのこと。


シティパレス 淡い水色の壁に天蓋付きのベッド! 素敵な夢が見られそうです


シティパレス 豪華なバスルーム。入る時はドキドキしてしまうかも


シティパレス 手厚いおもてなしでセレブ気分に!?

 現在もこの宮殿には、マハラジャの末裔が暮らしています。第11代の藩王パドマナーバ・シングさんはAirbnb初の王族ホストであり、スポーツのポロが好きな21歳。自身がAirbnbで旅をした時、初めて訪れた街でも歓迎されていると感じたことから、インドの最高のおもてなしを届けたいと考えているそうです。


シティパレス 2011年に王位継承。若さの中にも威厳が漂います!

 「シティパレス」に宿泊している間は専属の執事が地元のミュージアムなどの名所、お土産が買えるショップなどをめぐるツアーを希望に合わせて手配してくれます。まるで夢のような贅沢なひと時を味わえるかも。

王宮の様子の動画はなんとも神秘的!

(谷町邦子 FacebookTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む